FC2ブログ
2020’05.15・Fri

THE FURROW COLLECTIVE 「FATHOMS」

pfurrowcollective001.jpg

 イギリスの女3・男1のトラッド・バンド、ファロウ・コレクティヴの2018年のアルバムであります。イングランドとスコットランドの混成バンドらしいですが、誰がどっちなのかは定かではありません。おそらくイングランド2、スコットランド2の割合かと思われますが、曲によってイングランド風だったりスコットランド風だったりするのは、混成バンドならではのモノでありましょう。メンバーの中で一番名が知れているのは、バンジョーやコンサーティナを弾くエミリー・ポートマンと、ハーピストのレイチェル・ニュートンでしょうか?わっちは各々がソロとして活動しているのは知っていましたが、このグループのメンバーだったとは存じませんでした。

 このバンドがヤッテいる音楽はフォーク~トラッドでありますが、伝統的な楽器の音をを生かしつつ、結構大胆にシンセやらエレキギターやらを導入して、奥行きのある音作りをしていますね。まあこういう音作りは今時珍しくも何とも無いんですけど、このバンドの音楽には独特のメランコリックな雰囲気がありまして、何だか胸が締め付けられるような寂しさと言いますか、哀愁があるんですよ。そこがこの連中の最大の魅力だと言ってよろしいかと思います。エレキな音作りの割りに派手さは一切ありませんし、こういう内省的な音に惹かれる人って多いかと思いますので、幅広い層にオススメ出来るかと。

 ちなみに男も女も歌いますけど(もしかしたら全員が歌える?)、誰のヴォーカルにせよ静かに思索しているような歌い方で、とてもソフトで耳に優しい聞き心地であります。通常であれば、わっちは「おっさんの歌声なんて要らん!」と思ってしまうのですが、このバンドの場合はおっさんの歌声があっても全然問題無いですね。寧ろ良いアクセントになっていると感じられまして、おっさんの歌があった方がイイかな~なんて思ったりして。勿論女性達のコーラスも美しいですし、なかなかに聞き所が多々ある作品かと存じます。

 イングランドやスコットランドにトラッド・バンドは多々ありますが、中でもこのバンドはかなり優れていると感じられますね。カパーケリーやウォーターソン&カーシー一族等々の良いところを吸収しつつ、独自のメランコリックな音楽を作り上げているのは、実に素晴らしいと思います。コレは要注目のバンドですね!
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP