FC2ブログ
2011’08.09・Tue

興味津々音楽探求~JOANA AMENDOEIRA 「OLHOS GAROTOS」

Pjoanaamendoeira002
 ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げますのは、ポルトガルのファド歌手ジョアナ・アメンドエイラの98年のデビュー盤で、邦題は「16歳のファド」です。当初は市販されなかったアルバムだそうですが、その後の大活躍によって再発されたそうで、日本でも昨年めでたく発売されました♪

 ころんさんはファドがイマイチ苦手らしいのですが、わたしはジョアナさんもカティア・ゲレイロさんも、当然アマリア・ロドリゲスさんも大好きです。朗々と歌い上げるスタイルは、ころんさんが言うように時に一本調子に聞こえることもありますが、切々とした想いを歌に込めているのが伝わってきますので、聞き惚れてしまうことが多いですね~。

「ファド大好きです♪」byめぐりん
Phiwaiimegu030

 ジョアナさんのアルバムで一番好きなのは、ころんさんも誉めていた「思いあふれて」という作品なんですが、ほぼ完成されたように聞こえるジョアナさんのニュアンス豊かな節回しと、バックのキラめくような弦楽器の音が有機的に絡み合っていて、本当に素晴らしい境地に達していたと思います。あのアルバムを聞いて、大してファドを聞いているわけでもないクセに、ジョアナさんは最高のファド歌手だ~!なんて思ってしまったりして。本作は、そんなジョアナさんの16歳の時のデビュー・アルバムですから、一体どんな歌を聞かせてくれるのか、本当に楽しみだったんですよね~♪

 聞いてみてまず耳を惹くのは、16歳のジョアナさんの子供っぽさの残る初々しい歌声ですね。まだまだ節回しに拙さは残っているのですが、本当に歌うことが大好きで、一生懸命心を込めて歌っている様子がヒシヒシと伝わって来ます。余裕を感じさせる現在のジョアナさんの歌も素晴らしいですが、全力で歌に取り組んでいる必死さが感じられるこのアルバムのジョアナさんの歌には、現在の歌には無い若々しい魅力に溢れています。どちらかと言えば、わたしはこちらのジョアナさんの歌の方が好きです!

 「これまで聞いたどのファドのアルバムよりも素晴らしい!」とはころんさんの弁ですが、わたしも同じ意見です。瑞々しくて若々しいジョアナさんの魅力満載のこのアルバムは、ファドに興味がおありの方には是非オススメしたいと思います。

以上、ヒワイイ大使の巨乳担当、めぐりんがお送りしました。また次回まで、ご機嫌よう~♪

スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL