FC2ブログ
2012’03.05・Mon

赤点先生の音楽添削~AL GREEN 「LOVE & HAPPINESS」

Palgreen001
 皆さんこんばんは~。ヒワイイ大使のカワイイ担当はりーなのです~♪ころんさんが~、必死でベトナム旅行記を書いてますので~、今日ははりーがネタを書くのです~。今回の「赤点先生の音楽添削」は~、アル・グリーンのベスト盤を取り上げるのです~。前にころんさんにアル・グリーンのブツをおねだりしてたんですけど~、2枚組で1000円のお買い得盤を買って来てくれたのです~♪とっても嬉しいのです~!このブツはグリーンさんの~、Hiレーベル時代の音源を集めてるのです~。もちろん「LET'S STAY TOGETHER」みたいな大ヒット曲も入ってるのです~。素晴らしいのです~!

 グリーンさんって~、ファルセットをいっぱい使ったりして~、ちょっとナヨッとした甘い歌い方だから~、結構好き嫌いが分かれると思うのです~。気持ち悪くて嫌いって人もたくさんいると思いますけど~、はりーはグリーンさんの歌声が大好きなのです~。何だか全身をレロレロとナメられてるみたいな感じで~、ゾクゾクしちゃうのです~。まるでプリンスの名曲「KISS」みたいな感触なのです~。あ~、もしかしたらプリンスって~、グリーンさんのことが好きでマネしてるのかな~?

 グリーンさん本人は~、こういうスウィートな歌い方には抵抗があったらしいんですけど~、会社からの命令で仕方なくやってたって聞いたことがあるのです~。ホントかな~?でもやっぱり~、グリーンさんはこの歌い方で正解だと思うのです~。Hiのサウンドって~、スタックスとかモータウンに比べたら軽い作りだけど~、グリーンさんの甘い歌い方にはピッタリとハマってると思うのです~。自己主張しないスムーズ&メロウなバックの音は~、グリーンさんの歌にそっと寄り添って~、スウィートな雰囲気を盛り上げるのです~!色んな場面でBGMに使えると思うのです~。こんな音楽をBGMにして口説かれたら~、はりーはアナタのモノになっちゃうかも~?

「アナタのモノになるのです~♪」byはりー
Phiwaiihari034

 グリーンさんの歌い方はスウィートなんですけど~、歌に込めた熱い気持ちはすごく伝わってくるのです~。表現方法は全然熱くないんだけど~、溢れ出て来る情熱はしっかりと感じられると思うのです~。グリーンさんって都会的でスマートな歌手だけに~、オーティスとかO.V.ライトみたいな~、汗を飛び散らせながら歌うような歌手と比べたら物足りないって感じる人もいると思うんですけど~、スマートな表現に込められた熱い気持ちは~、オーティスとかと同じだと思うのです~。この表現方法は~、色々な人に大きな影響を与えたと思うのです~。スマートなのに熱い気持ちが伝わるから~、とってもステキなのです~。はりーは~、グリーンさんって本当に素晴らしいソウル歌手だと思うのです~!だから赤点先生の採点は~、当然「百点満点」なのです~!最近「百点満点」ばっかりつけてるけど~、いいモノばかり取り上げてるから仕方ないのです~。

 それから~、グリーンさんはその後ゴスペル歌手になったんですけど~、はりーはグリーンさんのゴスペルは聞いたことが無いのです~。ころんさんに聞いたんですけど~、中村とうようって人が~、「アル・グリーンは史上最低のゴスペルシンガー」って言ったらしいのです~。こんなにステキなソウル歌手なのに~、史上最低のゴスペル・シンガーになるはずがないと思うのです~。これは自分の耳で確かめたいのです~。だからころんさん~、グリーンさんのゴスペルのブツが欲しいのです~。買って買って~、はりーに買って~!

以上~、はりーの「赤点先生の音楽添削」でした~。下に試聴を貼り付けますので~、良かったら聞いてみてね~♪また会いましょ~!


「まずは1曲~、『LET'S STAY TOGEHTER』なのです~。名曲なのです~♪」→コチラ

「もう1曲~、甘くてステキ過ぎるライヴなのです~♪」→コチラ

スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL