FC2ブログ
2007’09.30・Sun

BOONTA MUANGMAI「RUB PARK DAI BOH」

BUNTA01.jpg


 四国旅行から帰ってきたばかりで、ヘロヘロに疲れている、ころんでございます。高速を使わずに行く(しまなみ海道は使いました)片道640キロの車の旅は、1日で走るにはやはり相当にキツイです。車の中では色々な音楽を聞くのを楽しみにしていたのですが、車のCDプレーヤーの機嫌が悪く、持って行ったCDのほとんどを再生してくれませんでした…。今回はカーステレオが再生しくれなかったブツの内の1枚を取り上げたいと思います。


 ルークトゥンの中堅レコ会社であるSUREレーベルと言えば、大物フォン・タナスーントンが所属していますが、フォンを含めた三本柱として、若手の将来有望株であるアム・ナンティヤー、そして中堅どころで非常に優秀な歌手であるブンター・ムアンマイがいます。この三人の中にあってはお姫様のような大物と若くて可愛い娘に挟まれて、ブンターは一番地味な存在になってしまっているように思われますが、歌は一番上手いと言っていいでしょう。


 この人の魅力は何と言ってもまずは、モーラムでもルークトゥンでも、アップテンポでもスローでも、何でも軽々と歌いこなす歌の力量ですね。どんな曲でも自然にサラリと歌ってしまう歌唱力は相当なものがあります。澄んだ声もしっとりと落ち着いていて美しいですし、ほんのりとした色香も漂ってきて、ほとんど非のうちどころが無いといった感じです。ただ、そのあまりに折り目正しい優等生なところが、人によっては物足りなさに繋がるかもしれませんが、個人的には大好きですし、女声ヴォーカル好きには自信を持ってお薦めしたいですね。


 彼女のソロ・アルバムはこれで3枚目になりますが、本作はこれまでの美しさに更に磨きがかかって、絹のように滑らかな肌触りに思わずウットリとしてしまいます。しっとりとした情感が溢れるスローテンポの曲が中心ですが、カントゥルムのソー(胡弓)が使われている曲もありますし、ノリの良いアップテンポの曲も入っています。洗練されてはいますが過度に都会的になることはなく、田舎っぽい雰囲気もちゃんとあります。アルバムとしての構成のバランスもバッチリ取れていますし、文句無しの出来上がりだと思います。


 このアルバム、本当に素晴らしいです。発売は06年末ですが、今年の個人的なベスト10の対象にするなら、入賞の有力候補です。アム・ナンティヤーの今年のアルバムと肩を並べる秀作だと言っていいと思います。


 そう言えばフォン姫の新作もつい最近出たようですし、これまた出来上がりが非常に楽しみな作品ですね。もしかしたらSUREレーベルの歌姫三人衆が、三人とも今年の個人的ベスト10に飛び込んで来たりして。
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころんさん、こちらでは初めまして。
ブログ開設おめでとうございます♪
車での四国旅行は大変そうでしたが
カーステレオがご機嫌斜めというのが
イタかったですね~(><)

ブンター・ムアンマイなる美女、
もちろんわかりませんが
>SUREレーベルの歌姫三人衆
という部分は頭にインプットしておきましたぞ!(^^)

今後も遊びに来ますので
よろしくお願いします。

以上、テルミン(mini)演奏にハマっているパイクマンでした。
(ころんさんの真似じゃ。)

パイクマン:2007/09/30(日) 23:43 | URL | [編集]

>パイクマンさん
いらっしゃいませ!コメントありがとうございます。
それにしてもウチのカーステ、困ったヤツであります。帰ってきてクリーナーをかましても機嫌が直らず、もしかしたら故障かもしれません。うーむ、本当に困ったヤツ。
とりあえずこちらのブログ、パイクマンさんが取り上げられているブツとは全然違うものばかりネタにするかと思いますが、懲りずに遊びに来て下さい。今後とも宜しくお願い致します。機会があればSUREレーベルの歌姫三人衆も是非。

ころん:2007/10/01(月) 08:34 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL