FC2ブログ
2008’03.15・Sat

PAMELA BOWDEN 「E-NANG DANCE X 2」

gpamela001.jpg

 ダーオ・マユリーと並び、お水系お姉さん専門レーベルのUPLを代表する歌手、パメラー・ボーデンの05年のアルバムです。ダーオ・マユリーは私をルークトゥンの泥沼に引きずり込んだ張本人で、大変に強烈なインパクトがありましたが、パメラーも負けてはいません。ルックスも歌もなかなかに強烈な歌手であります。


 この人、見た目は土屋アンナみたいですね。ルークトゥンと言うよりはロック歌手みたいなルックスではありますが、バリバリのルークトゥン~モーラム歌手であります。当然の如く歌はあまり上手くはありません。しかしこの人、UPLのコンセプトである「歌の上手い下手なんて関係無い!ケバい化粧をして肌の露出を多くすればバカな男どもが引っ掛かってくるのじゃ!」という企業理念(?)を、完璧に体現している歌手です。ケバくて妖しげな雰囲気を漂わせながら激しくヘッポコというのが、見事にUPLであります。


 今回のブツは、元々1枚ずつ発表されたパメラーの代表作である「E-NANG DANCE」シリーズの2枚を、2枚組にして発売したものです。推測するに、このシリーズが見込み違いで売れ残ってしまったので、「2枚組のお得盤!」などと宣伝することで在庫を捌こうと図ったのではないかと思います。ケースの外側の紙パックは新しく印刷したようですが、中身は透明ケースとCD2枚が入っているだけで、ブックレットも写真も何もありません。このセコさ、在庫処分以外の何物でもないのではないでしょうか?


 まあそれは置いといて、この「E-NANG DANCE」シリーズですが、エレポップ風のデジタルサウンドにパメラーのヘッポコな歌が乗った、まるで嵐のような狂気の電気モーラム~ルークトゥンがぶっ放されるという、凄まじい快作…じゃなくて怪作です。音楽的にはルークトゥンと言うよりはモーラムですね。この電気モーラムの破壊力は凄いですよ。聞く者全てを腰砕けにしてしまうパワーを持っています。それが2枚組全編にわたって展開されているわけであります。比べると、1枚目がヤケクソパワー溢れる過激盤、2枚目は徹底的に電化されていますが、ほんわかとした味わいも漂ってくるポップ盤といったところでしょうか。どちらにせよ、クラブのフロアでかかれば最高にイカしたダンス音楽である…かどうかはわかりません。


 それにしても、ヘッポコなクセにカッコいいブツですね~。この手の音、ダメな人はダメなんでしょうけど、個人的には大いに笑える非常に楽しい作品です。変なブツに興味がおありの方にはお薦め致します。何だかワケわからないんですけど、めちゃくちゃグレート!


こちらは1枚目の盤面。
gpamela002.jpg


こちらは2枚目の盤面。
gpamela003.jpg


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(13) TOP

Next |  Back
まずは1枚目の、何故か英語で歌われている「HOW ARE YOU?」です。下手っぴーな英語が笑えます。
http://www.youtube.com/watch?v=cMZw4IeYrbs&feature=related


お次は2枚目から、めっちゃポップな「SAIGON DAB BLUM」です。
http://www.youtube.com/watch?v=clzk4XEaeVY

ころん:2008/03/15(土) 16:53 | URL | [編集]

取引先のタイ人に「ルークトゥン何か歌える?」と訊かれ、「PamelaのHow Are You?なら... 」と答えて失笑されたことがあります...

この曲、曲もMVも素敵。ハッピーにさせてくれます。Pamelaの微笑みは最高です。おっしゃる通りほのかに漂うへっぽこ感がたまらない。「I tell you know many many」なんて素晴らしいじゃないですか。しかも字幕(ビデオの)がタイ文字なんて...

2枚目のは持ってないんですよ。昔通販であちこち探したけど売り切れで。何で余ってんだよ!みたいな。ジャケカッコいいですよね。さらに電化... 聴いてみたいです。

E-nang Danceの前のアルバム、もう少しオーソドックスですが、タイトな打ち込みリズムとピンやケーンの多用で、こちらもいい感じです。

「ゆ」:2008/03/16(日) 02:58 | URL | [編集]

>「ゆ」さん
パメラー、いいですよね!このシリーズの前のアルバムもいい感じですよね~。ヘッポコだけど素敵な歌手であります。
それにしても「HOW ARE YOU?」は強烈ですよね。おっしゃる通りパメラーの微笑みは最高です!そして英語詞をタイ文字で表記するセンスが素晴らし過ぎます。英語詞をカタカナで表記するのと同じですからね~。
2枚目はお持ちじゃないとのことですが、是非ゲットされて下さいね。ポップな曲が色々入っていて、凄く楽しいですから。

ころん:2008/03/16(日) 11:43 | URL | [編集]

一枚目は持ってます。
自分のブログでも取り上げました。
http://yingsak.seesaa.net/article/4034894.html

ほんとおっかしいですよね~、この人。

インサック:2008/03/16(日) 15:40 | URL | [編集]

>インサックさん
確かにこの人、おかしな人ですよね~。おかしいけど面白い、なかなか人徳のある(?)人だと思います。
ワタクシ、このブツは電化モーラムの大傑作だと評価していますが、そんな評価をしている人間は、おそらく他に誰もいないでしょう…。

ころん:2008/03/16(日) 16:42 | URL | [編集]

>インサックさん

このCD買うとき、インサックさんのブログみたの覚えてます。「そうか、"狂ってる" んだったら買わなきゃ。」みたいな。

このアルバム、録音やミックスが汚いのが残念なんですよね。なんかぐしゃぐしゃで、もうちょっと何とかならなかったのかなぁと。

「ゆ」:2008/03/17(月) 00:21 | URL | [編集]

>「ゆ」さん
インサックさんのレビューも面白いですよね~。「狂ってる」、言いえて妙だと思います。
「ゆ」さんがおっしゃる「ぐしゃぐしゃ」というのもわかります。またそれがタイらしい、と言うことで一つ…。

ころん:2008/03/17(月) 12:49 | URL | [編集]

 E-NANG-DANCEはパメラーの最高傑作と考えております。その後はやや下り坂かな。結婚もあって、人気もやや低調かもしれません。離婚して、再度頑張っていますので、復活を期待しているのですが。
 UPL 資金状態が悪いのか、過去VCD,CDを安価で大量に販売しております。探せば手に入るアルバムだと思います。 

シライ:2008/03/17(月) 17:49 | URL | [編集]

>シライさん
おおっ、流石にシライさん!現地事情にお詳しいですね!パメラーの結婚も離婚も知りませんでしたし、UPLの投げ売り状態も知りませんでした。いつもの如く貴重な情報をありがとうございます!


パメラーの最高傑作が「E-NANG DANCE」とのご意見、私も同感です。

ころん:2008/03/17(月) 18:46 | URL | [編集]

全然知らない人なのですが思わずハマりました。
こういうのっていいなぁ~。
やっぱり根がデジタル・ポップ&お姉ちゃん好きだとつくづく思い知らされました(笑)。
どっかで、探そ!

片桐真央:2008/03/18(火) 10:22 | URL | [編集]

>片桐真央さん
パメラー、いいですよ~。この電化モーラムは最高の出来映えです。デジ好きにもお姉ちゃん好きにも、マストアイテムであります。首尾よくゲットされることをお祈りしております。

ころん:2008/03/18(火) 15:39 | URL | [編集]

古い記事にコメントですみません。

先日イサーン東部に旅行に行ったときにゲットしました。確かナコンパノムにて。なんかレコ屋(CD屋)巡りばっかりで何しに行ったんだか、みたいな。ここで紹介されてるカップリングのパッケージ、しかもカット盤でお値段39バーツ。安過ぎてちょっと悲しいかも。

1枚目のバカバカしさはないけど、クールさが増して、音もかっこいいですね。一曲目があまりにつまらなくてがっかりしかけ、でも後は良かったです。本人の影が少し薄い気もしますが。

UPLとかU2とか、紙ジャケにCD+VCDだけ放り込んだお買い得盤が結構あって、いろいろ買って来ました。ちょっとずつ聴いてます。楽しいです。

「ゆ」:2008/04/19(土) 21:47 | URL | [編集]

>「ゆ」さん
いらっしゃいませ~!
またタイ方面に行かれたのですね。いいですねえ。色々とゲットされたようで、羨ましいです。私も行きたいです。
パメラーのこのブツ、ゲットされたのですね。値段が安いというのもこのブツらしくて良いと思います。バカバカしくも楽しい、素晴らしい作品ですね~。
タイでは最近は廉価盤が色々と出ているようで、一度漁ってみたいです。「ゆ」さんがゲットされた中に、面白い掘り出し物がたくさんあればいいですね~。

ころん:2008/04/20(日) 18:41 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL