FC2ブログ
2008’03.20・Thu

リア・ディゾン 「DESTINY LINE」

gleah001.jpg

 突然日本にやって来て突然爆発的な人気者になったリア・ディゾンの、初アルバムであります。個人的には彼女のルックスはあまり好みではありませんが、外タレにしては全然自己主張が無くて控え目な、今にも泣き出しそうなオドオドした顔をしていますので、ちょっと変わった雰囲気の娘だな~と、気にはなっておりました。そんなリアちゃんがアルバムを出したということであれば、聞かないわけにはいかないでしょう、ということで聞いてみました。で、結論から言うと、なかなかイケてるではないですか!これは結構な拾い物ではないでしょうか?


 音楽的には今流行のR&B歌謡なのですが、製作陣がやたらと気合が入っているように感じられますね。「あのリア・ディゾンと一緒に音楽を作れるんだ!」ということで、物凄くやる気になったのでしょう。人によっては「女神様降臨!」みたいに思っていたんじゃないでしょうか?とにかくサイコーのものを作ってやるんだ!という気概がビシバシに感じられます。アイドルのブツではありがちな、片手間で作ったようなお手軽さは一切ありません。メロディも良い曲が多いですし、音作りもメチャメチャしっかりしています。うーむ、これはリアちゃんの人徳ですね~。


 リアちゃんにもスタッフの気合が伝わったのか、とにかくしっかりと歌い切ろうという、実に前向きな姿勢が感じられます。歌は全然上手くないのですが、上手くなくても気持ちはちゃんと入れようと、本気で真面目に歌に取り組んだ様子が窺えます。だから聞いていて清々しいです。なんだ、リアちゃんって凄く良い娘じゃないですか。私の中ではかなり好感度がアップしましたよ。あまり好みではなかったルックスも、どんどん可愛らしく見えてきたりして♪


 そう言えばリアちゃんって、来日した頃から「本当は日本人じゃないの?」という疑惑がありますが、実際はどうなのでしょうか?何故こんなことを書くかと言うと、このアルバムで聞けるリアちゃんの日本語の発音が、ほとんど日本人レベルだからです。外タレレベルの拙い日本語ではありません。例えばBOAなんかは長年日本で活躍していますが、やはり外国人の日本語ですもんね。それに比べると、まだ来日してそれ程時間が経っていないリアちゃんが日本人レベルの日本語の発音が出来ると言うことは、もしかして日本人?という疑惑が出てくるわけで…。おそらく耳が非常に良いのでしょうね。正確に音をとらえているから発音もしっかりできる、そういうことなのでしょう。


 まあ何にせよ、すっかりとリア・ディゾンを見直してしまった、ころんでございました。
スポンサーサイト



Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL