2013’07.03・Wed

赤点先生の音楽添削~PHILIPPE WYNNE 「STARTING ALL OVER」

Pphilippewynne001
 みなさんこんばんは~。ヒワイイ大使のカワイイ担当はりーなのです~。今回は~、フィリー・ソウルの名グループのスピナーズでリードを取っていた~、フィリップ・ウィンの77年のソロ・デビュー盤を取り上げるのです~。これもアトランティックR&Bベスト・コレクション1000円シリーズの1枚だよ~。ちなみに~、世界初CD化なのです~。このシリーズは~、世界初CD化とか日本初CD化とかいっぱいあるから嬉しいよね~♪

 このアルバムは~、マンガみたいなジャケが凄くダサいけど印象に残っちゃって~、思わず買っちゃったのです~。でもフィリップ・ウィンだから~、中身に間違いは無いよね~と思ったのです~。でもこのジャケだから~、当時も今も売れるはずがないよね~。せっかくのソロ・デビューなんだから~、もっとマシなジャケにした方が良かったと思うのです~。でもこのジャケだから~、隠れた名盤として~、今後も語り継がれて行くかもしれないよね~。

 ジャケはダサいんだけど~、中身はやっぱり間違い無いのです~。流石にフィリップ・ウィンなのです~。特徴的なちょっとハスキーな歌声は~、男らしい優しさに溢れているのです~。軽く歌っているように聞こえるんだけど~、歌に込められた気持ちが伝わって来る~、ホンモノのソウルが感じられるのです~。フィリー・ソウルを受け継いでる作品だから~、紳士的で洗練されてるけど~、志は熱いって感じがするのです~。ホント、イイ歌手だよね~、この人って~。

「とってもイイ歌手なのです~。」byはりー
Phiwaiihari027

 このアルバムは~、全10曲入りだけど~、ウィンさんが作詞とか作曲とかで8曲に関わってるのもイイよね~。ソウルとかR&Bって~、歌手と作曲が分業になってることが結構あるけど~、自分で曲作りに関わって~、歌いたいことを気持ちを込めて歌うっていう姿勢は~、とてもステキだと思うのです~。曲も粒揃いで素晴らしいのです~。あと~、プロデュースも自分でヤッテいるのです~。ソロ・デビュー盤だし~、自分のヤリたいことを自分でしっかりと管理したかったんだろうね~。とても筋が通っていると思うのです~。

 というワケで~、このアルバムは~、やっぱり隠れた名盤だと思うのです~。フィリー・ソウルの流れを汲む作品だから~、都会的に洗練されてて~、スウィートでオシャレな感覚が強いんだけど~、芯のあるしっかりとしたソウルが感じられる仕上がりなのです~。赤点先生の採点は~、ころんさんが「高い点数ばかり付けてはいけません」とかゴチャゴチャうるさいけど~、97点つけるのです~。

 以上、ヒワイイ大使のはりーでした~。下に試聴を貼り付けるので~、よかったら聞いてみてね~。それじゃあ、また会いましょ~♪


「とりあえず1曲~、とっても優しい雰囲気の歌なのです~♪」→コチラ

スポンサーサイト

Categorie欧米  - コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可