2013’09.01・Sun

HIEN THUC 「THIEN SU」

Phienthuc007
 ベトナムの歌手ヒエン・トゥクの2011年のアルバムです。チン・コン・ソン曲集でございますね。昨年11月にプランテーションに行った時にゲットしたブツなのですが、ボログで取り上げるのをすっかり忘れてしまってましたね~。昨年からウォークマンに落としておりまして、特に寝る時のBGMとして聞くことが多いブツなのですが、大体1曲目から2曲目で眠ってしまいますので、ほとんど聞き通した覚えがありません。まあそれ程までに心地好い音楽なんですけど、やはり一度はちゃんと聞き通しておくべきかな~ってことで、この度やっとしっかりと起きた状態で聞くことにした次第でございます。

 まあこのブツにつきましては既に各所で言われていますが・・・って、アルバイテンさんのブログともう一箇所でしか取り上げられているのは見たことがないですけど、最近のベトナム歌謡の中でも出色の高品位なアルバムでございまして、夢見心地のしっかりした音作りと、ベトナムらしいしっとりした情緒が融合した、素晴らしい逸品であります。言ってみれば大人の為の子守唄という感じでございまして、湿り気を帯びながらもベタつかないヒエン・トゥクさんの優しい歌声と、少ない音数で思わずまどろんでしまうような空間を作り上げるバックの演奏が、とても心地好い眠りを演出してくれるのであります。この音楽は、おそらくですけど、誰にでも受け入れられるんじゃないですかね~。

 誰にでも受け入れられるとは言っても、ベトナムらしさを薄めて聞き易くしているのではなくて、強固なベトナムらしさはしっかり持っているんですけど、それでいて誰の耳にも優しく響く音楽って感じでございます。ベトナム音楽の奥深さをここまでさり気なく聞かせてくれる作品って、いくら最近のベトナム音楽のレベルが急激に上昇しているからと言っても、他にはなかなか無いと思いますね~。興味がおありの方は、無くならない内にゲットしておいた方が良いかと思います。東南アジアのブツは、すぐに入手困難になりますので・・・って、既に入手困難かもしれませんけど。

 実は今年はまだ一枚もベトナム音楽のブツを買っていないんですけど、こういう作品を聞いてしまうと、再びベトナム音楽熱が再発してしまいそうですね~。まあ昨年プランテーションでゲットしたベトナムのブツがまだ多々あるのと、今年のベトナムはブツのリリースが少ないということもありまして、新譜を色々と聞きたいという状況にはなっていないのですが、やはりベトナム音楽はわっちにとって常に気になる存在であります。更なる注目盤が出て来るまでは、このヒエン・トゥクの傑作をじっくりと聞きながら気長に待つことに致します。

「とりあえず1曲、キラーな一発でございます。」→コチラ

スポンサーサイト

Categorieベトナム  - コメント(2) TOP

Next |  Back
ごぶさたです。 先週末、代々木のベトフェスに寄ってきました。
ヒエン・トゥック、バン・マイ・フオン、ファム・アン・コアなどのステージを間近かで鑑賞し、一息ついたので思い出しながらリサーチしていたところ、ころん先生の過去記事がヒットしました。

Hien Thuc は昭和歌謡風からアグレッシブ系まで、Van Mai Huong はその外見を裏切って歌える!踊れる!、Pham Anh Khoa(♂)はソウルフル訴求感圧巻、みんな口が大きいですね。

目的は水上劇とフードでしたが意外な収穫 ... 今度 CD でも買おうかな、というところです。

Santa:2015/06/21(日) 12:05 | URL | [編集]

>Santaさん
ご無沙汰しております!
タイフェス以外にも、ベトフェスなんてモノがあるんですね~。知りませんでした。ヒエン・トゥクやヴァン・マイ・フォンまでご覧になったとは、めっさ羨ましいです。そんな超一流どころが秘かに来日していたんですね~。
CD、首尾よくゲットされて下さいね!

ころん:2015/06/21(日) 23:05 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可