2013’09.20・Fri

RIE FU & THE FU「BIGGER PICTURE」

priefu011.jpg

 わっちの大好きなシンガーソングライターRIE FU(以下リエ)の、今年発売の新作です。今回は単独名義ではなくて「& THE FU」と付いていますから、リエと彼女のバンドという形で作ったのだと思われます。音の方はこれまでになくバンド・サウンドを前面に押し出したロックが中心になっていますが、これまでのようなポップス的なアプローチのモノもありまして、バラエティに富んでいると思います。何だか知りませんけど、色々とヤッテみたいお年頃なんでしょうね~。

 まあ前作が色々な連中とコラボしたアルバムでしたし、何ちゃらいう女子と組んで「しろくまカフェ」の主題歌を歌ったり、何とか言うおっさんと組んでバンドをヤッテみたりと、他の連中との共演が多々ありましたから、その辺で色々と刺激を受けた部分が多かったんでしょうね~。これまでは一人で作り上げるポップス職人的な感覚が結構強かったですから、色々な連中と接することで、もっとオープンな表現を意識するようになったのかもしれません。まあ実際はどうなのか知りませんけど。

 ただ、音作りがバンド・サウンド的に変化したからと言っても、リエ独特のキラリと光るポップ・センスは全く失われていません。ちょっと切ない雰囲気とポップなフックを持ったメロディ・ラインは健在でありまして、この独特のセンスは音作りによってどーのこーのと左右されるモノではないですね。確固たるリエ風的なモノをしっかりと持っているのが、リエのイイところであります。バンド・サウンドに後押しされたのか、今回はリエの歌にも前向きな勢いが漲っていますし、聞いていて実に気分が良いです。前作がちょっと気だるい感じでしたから、こういう前向きな変化は大歓迎です!

 う~む、いつものことながら素晴らしい才能を発揮していますね~♪個人的には安藤裕子ボニー・ピンクと並ぶ凄まじい才能を持った才媛だと思っておりますが、狂気の安藤ワールドよりはずっと親しみ易くて、めっさメジャー感溢れるボニピンほど派手ではなく、バランス的には丁度いい塩梅の存在なんじゃないかと思います。何と言いますか、J-POP界では「最高に丁度いい女性歌手」って感じなんじゃないですかね~。もっと注目されて欲しい歌手なんですけど、デビュー当時からわっちだけが騒いでいるって状態ですよね~…。何故じゃ?

 今回のアルバムは最近のJ-POPの傾向に思いっ切り反していて、10曲入りの40分弱という収録時間も潔いです。リエも多分LP時代のロック・アルバムなんてことを意識したんだと思いますけど、LPで音楽に親しんでいた世代には是非聞いていただきたい作品だと思いますね~。聞けばわかる良さが必ずある…と、わっちは思うんですけど、如何でしょうか?

あと、今回はいい感じの試聴が見つかりませんでしたので、試聴の貼り付けは無しでやんす。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL