FC2ブログ
2013’09.21・Sat

春奈るな 「OVERSKY」

pharunaruna001.jpg

 先日レンタル屋に行きまして、前から聞きたかった真野恵里菜のブツを借りようとしたのですが、何と置いてない!前のアルバムはあるのですが、わっちが聞きたい最新盤が無い!ということで、気落ちしつつ代わりに何かないか探していて見つけたのが、春奈るなという娘のデビュー盤なのでありました。ジャケがとてもバカっぽいアイドル風なので、ヘロヘロヘッポコだったらいいな~ということで試しに借りてみた次第であります。

 春奈るななんてふざけた名前の歌手なんてこれまで全く知りませんでしたが、どうやらこれまで色々なアニメの主題歌を担当して来た歌手らしいです。アニメ・マニアの間では有名人なんでしょうかね~。これはわっちの勝手なイメージですけど、アニメ系の歌手って結構しっかり歌える可愛い女子が多いって気がするのですが、この春奈さんもバカっぽいルックスとは裏腹に、かなりきっちりと歌える歌手であります。ルックスが良くて歌える女子が多いとなると、アニメ系の音楽ってわっちの大好物になりそうなモンですが、実際の所はなかなか聞く気になりません。それは何故かと言いますと、アニメに興味が無いからでございます。アニメ自体に罪は無いんでしょうけど、アニメに集うアニメ・マニアがきしょいので、近付きたくないんですよね~。

 まあ今回はアニメの歌姫なんてことは知らずにレンタルしてしまいましたので、仕方なく(?)聞いてみたのでありますが、先程も申しました通り意外にきっちり歌える歌手ですので、すんなり聞けてしまうんですよね~。軽快なポップスからしょこたんみたいなハード・ロック、壮大なオーケストレーションのゴシック風味の曲まで、ちゃんと歌いこなす実力はかなりのモノなんじゃないでしょうか。歌声は典型的なアニメ声というワケではなくて、青春アイドルという感じの爽やかさがありますし、しかもルックスもカワイイですから、アニメ・マニアだけのモノにしておくには惜しい歌手だと思います。

 ただ、若い娘の歌にしてはあまりに堂々と安定していますので、かえって面白味に欠けるという気がしないでもありません。まあアニメ界って非常に厳しいですから、これ位の実力が無ければ生きて行けないんでしょうけどね~。何にしてもこれだけの力を持っているなら、わざわざアニメ・マニアに好まれそうな妹系ロリロリ娘の格好をしてアニメの主題歌に関わっている必要なんて無いと思うのですが、普通にJ-POP界で生き残るよりは、アニメ系にこだわる方が賢いのかもしれません。

 惜しむらくは、これはアニメ系の音楽全般に言えることなのかもしれませんが、音楽自体にリアリティが無いと言いますか、現実逃避的な閉じた世界での絵空事という感覚が強いように感じられるんですよね~。人間的な温か味とか力強さとかを排除して、二次元の世界に留まっていると言いますか。虚構の世界も結構ですけど、そこだけで生きているのもどうなの?って感じがする、今日この頃であります。でも、春奈るなちゃんは相当良いと思いますよ!

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、ちょっと仰々しいタイプの曲ですが、何だかアニメっぽいですかね~。動く春奈さんは、ルックス的にイマイチですかね・・・。」→コチラ

「もう1曲、タイトル曲をショートバージョンで。」→コチラ
スポンサーサイト



Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL