2013’09.30・Mon

世界音楽散歩~生誕記念盤

 先日ですが、アルバイテンさん(最近MASHASHEさんに改名されましたね)にお贈りする為に「世界音楽散歩~生誕記念盤」という17曲入りの編集盤を作りました。これは音楽で世界をお散歩してみようというコンセプトで編集致しまして、日本を出発してアジア、アフリカ、アラブ、ヨーロッパ、南北アメリカ、東南アジアを経て、最終的にまた日本に戻って来る形で選曲してみました。そこで今回と次回に分けて、この編集盤の収録曲をご紹介すると共に軽く曲目解説もしておきたいと思います。ジャケ写は、その曲を収録したアルバムです。それでは早速。

「ジャケは私ですよ~♪」byななみー
phiwaiinana048b.jpg


1、FAYRAY「願い」(日本)
gFAY001_20130930222404d01.jpg
 嘗てわっちが「日本の至宝」と呼んだフェイレイの、地味ながらも滋味なバラードであります。お散歩のスタートは派手にしてもイイのですが、そ~っとしっとりスタートというのもイイかな~と思いまして選んでみました。

2、梁静茹「情歌」(台湾)
pfish004_201309302225274c1.jpg
 一曲入魂のアジアンソウル歌手、フィッシュ・リョンの素晴らしいバラードです。個人的に中華ポップス最高の名曲だと思っております。魂に訴えかけて来る歌とは、こういうモノを言うのでありましょう。

3、MCOY & BARBIE「KAY SARAP MABUHAY」(フィリピン)
ptunognatin001.jpg
 フィリピンは東南アジアの中でも隠れた音楽大国と言えますが、この曲はカラっと明るいポップさとユーモア感覚を持った、フィリピン・ポップスの伝統を正しく受け継ぐ曲だと言えるでしょう。バービーは、勿論フィリピンの至宝バービー・アルマルビスですよ♪

4、LA ONG FONG「SECRET ADMIRING」(タイ)
plaongfong002.jpg
 タイは渋谷系音楽のレベルが異常に高い国として知られていますが、この曲は渋谷系の中でも世界最高峰と言える素晴らしい名曲だと思います。ホンワカした音作りと、萌え系舌足らず女子の歌がステキです。

5、SYRAN MBENZA「MBANDA NASALI NINI?」(コンゴ)
psyranmbenza001.jpg
 コンゴのベテラン・リンガラ・ギタリストによる、リンガラには珍しいアコーディオンを使った曲です。ラテンとアフリカがまろやかに溶け合った、奥深い音楽性を体現している曲だと思います。

6、ABDELJALIL KODOSSI「NEBDA BENBI SOUSIA」(モロッコ)
pabdeljalolkodossi001.jpg
 グナワの現代化を図る人は多々いますが、これはグナワをさり気なく見事にロック化してみせた逸品だと思います。

7、SERTAB ERENER「ISTANBUL」(トルコ)
psertaberener001.jpg
 トルコのトップスター、セルタブによるイスタンブール情景歌。トルコの歌手にしては線が細くて味わいに欠けると評する人もいますが、トルコ的な要素と欧米ロックのバランスの良さは、セルタブならではだと思います。

8、KEREN ANN「LA DISPARITION」(フランス)
pkerenann001.jpg
 フランスの囁き系歌謡の伝統をしっかりと受け継ぐ才女がケレン・アンですが、決してスケベで下品にならないのがこの人の持ち味ですね。品のある佇まいとヨーロッパ的哀愁がステキな一曲でござます。

9、CARA DILLON「THERE WERW ROSES」(アイルランド)
pcaradillon001.jpg
 トラッド・マニアのアイドル、カーラ・ディロンの美しい歌唱であります。カワイイ顔の通りのカワイイ歌声ですが、淡々とした歌唱の中にアイリッシュ・トラッドの伝統を受け継いだ確かな実力が感じられるかと思います。

10、RON SEXSMITH「SPEAKING WITH THE ANGEL」(カナダ)
gron001_20130930223627f2e.jpg
 わっちの「ころん」の名は、このロン・セクスミスからいただいております。良い曲を書いて歌うというだけの人ですが、邪気も作為も無い、音楽本来の良さを思い出させてくれますね。

 以上、今回は10曲目までのご紹介でございました。次回は11曲目からラストまでをご紹介致します。
スポンサーサイト

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
こんにちは、ころんさん

La Ong Fongの日本語版MVがリリースされたのでお知らせします。

http://youtu.be/6wpmdMg7N14

長崎市の観光局がタイ観光客を呼び込むための企画したプロモーションの一環で実現しました

こちらは、オリジナル
https://www.youtube.com/watch?v=dUFzP0zZHB0

タイ人から見ると、日本ってこんなほんわかした感じなのでしょうか??

P.S.
萌え系舌足らず女子は、薬剤師でドラッグストアーのオーナーで家業の化粧品メーカーの広報担当もやっているOnn(オン)ちゃんと言うLa Ong Fongがバンド構成を変えて活動を再開した時に参加した女の子です

Matt:2014/06/27(金) 12:55 | URL | [編集]

>Mattさん
こんばんは。コメントありがとうございます。ヒワイイ大使のななみーです。バカころんが泥酔して帰って来て潰れてしまいましたので、代わりに私がレスさせていただきますね。
ラオンフォンの日本語版ですけど、これは素晴らしいですね!カラオケにあったら是非歌いたいですね~。いつもいつもステキな貼り付けをいただきまして、本当にありがとうございます!ホンワカ日本のイメージ、日本人の私にもとても新鮮です♪

それにしても、いつも色々な情報をご提供いただきましてありがとうございます。バカころんのボログにお付き合いいただきまして、感謝しておりますよ!

ななみー:2014/06/27(金) 23:26 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL