2013’10.14・Mon

イタリア雑感

 イタリア旅行記はボチボチと書いて行く所存でございますが、その前にイタリアを旅した雑感を記しておこうかと思います。今回はヨーロッパ担当のヒワイイ大使のめぐりんとの対談形式でお送り致します。便宜上めぐりんは「め」、ころんは「ろ」と表記します。それでは早速。

め「お帰りなさい。イタリアはどうでしたか?」
ろ「お陰様で無事に戻って来れました。ぶっちゃけ行く前は全然期待していなかったんですけど、行ってみれば本当に楽しかったですね。」
め「何がそんなに楽しかったですか?」
ろ「今回は音楽に関してはあまり収穫は無かったんですけど、特にフィレンツェの美術館で見た絵画の数々には衝撃を受けましたね~。」
め「へ~。音楽じゃない部分で衝撃を受けるなんて、ころんさんにしては珍しいですね。」
ろ「そうなんですよ。自分でも意外だったんですが、これをキッカケに絵にも目覚めてしまいそうで、何だかヤバイ気もしますね~。」

カラヴァッジオのこんな絵も衝撃的でした!
イサク

め「でも、ころんさんと言えばやっぱり音楽なんですけど、そんなに収穫は無かったんですか?」
ろ「例えばナポリなんかは音楽に溢れているようなイメージがあったんですけど、全然そんなこと無かったですし、ローマにしてもフィレンツェにしてもミラノにしても、全然音楽が聞こえて来る街ではなかったですね。」
め「え~、そうなんですか?イタリアって、イメージ的には誰もが陽気に歌っていて、音楽に溢れてるって感じがするんですけど。」
ろ「まあ場所によってはそういう所もあるんでしょうけど、わっちが行った所は全然そんなことは無かったですね~。」
め「CDの品揃えなんかはどうでしたか?」
ろ「それがですね、街中では全然CD屋を見かけることが無くて、」
め「そうなんですか?」
ろ「タワレコみたいな大型CDショップを見かけることはありませんでしたし、基本的にCD屋がありませんでしたね。」
め「え~、じゃあCDはどこで買えるんですか?」
ろ「トルコなんかは高速のドライブ・インとか土産物屋に多々ありましたけど、イタリアは全然そんなことは無くて、街中でブツを売っているのは本屋だけって状態でしたね。しかもちょっとだけしか置いてなくて。」
め「へ~、じゃあCDが欲しくてもなかなか買えないですね。」
ろ「ただ、ミラノだけは大きなCD屋を2軒見つけましたけどね。あ、CD屋というか、他にも色々売ってる店でしたけど、CDは大量にありましたね~。」
め「え、じゃあ念願叶ったって感じですよね!」
ろ「まあ念願は叶ったんですけど、イタリアの音楽なんて全然知りませんし、何が良いかわからなくて選びようが無かったんですよね~。選んでる時間も殆どありませんでしたし、しかも値段が高くて。」
め「え~、値段が高いんですか?」

「イタリアってCDの値段が高いんですか?」byめぐりん
phiwaiimegu017_20131014191109976.jpg

ろ「1枚17ユーロ位しますね~。日本円にして2300円位ですか。高いのは20ユーロを楽々越えますし。値段的には日本と全然変わらないって状態ですね。あまりに高いので、安いCDしか買えませんでした。所持金も少なかったので。」
め「安いって、いくら位ですか?」
ろ「ミラノの街で買った2枚はどっちも9.99ユーロ、帰りの空港で買った1枚は9.9ユーロでした。大体1350円ってとこですか。」
め「結局3枚しか買ってないんですね。」
ろ「まあ色々な街の様子を見ていると、ブツを買える気が全然しなかったので、3枚買えただけでも良かったですよ。」
め「ヨーロッパ担当のわたしとしては、もっと沢山買って来て欲しかったですけどね~。」
ろ「次に行った時はですね。でも現地のテレビでも音楽番組なんて全然無かったですし、街に音楽が溢れているって感じは全く無かったですから、音楽気分が盛り上がることはありませんでしたしね~。」
め「へ~。まあ次回がいつになるのかはわかりませんけど、次のイタリア旅行の際は、是非色々と買って来て欲しいと思います。」
ろ「ですね~。折角行くのであれば事前に色々と下調べをしておいて、選べる時にざざっと選ぶ体勢を作っておかないといけないですね。一度行けばその国の音楽にも興味を持ちますから、今後はイタリア音楽にも少しは注目して行きたいと思っています。」

 以上、イタリア雑感でございました。雑感と言っても結局はブツの話ばかりになってしまいましたが、個々の街の細かい話はイタリア旅行記に書いて行きたいと思っております~。
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL