2013’10.21・Mon

非常階段 starring 初音ミク 「初音階段」

phatsunekaidan001.jpg

 ノイズの帝王と呼ばれる非常階段というバンドを知ったのは、まだ高校生ぐらいの頃でした。深夜のテレビで地下音楽特集みたいなのをヤッテいたことがあったのですが、そこで見た山塚アイとかマゾンナなんかのパフォーマンスは相当に強烈だったんですけど、やはり非常階段は別格でありまして、ノイズと同時に得体の知れない汚物を撒き散らし、しまいにはメンバーの女子が小便垂れ流したりと、この連中の異常なパフォーマンスはあまりに衝撃的で、とてつもなく強烈に印象に残ってしまいました。何だか見てはいけないモノを見てしまったような気がして、めっさヘコんでしまったのを覚えています。

 そんな連中が初音ミクと競演したのを知ったのはつい最近のことですが、一体どんなことをヤッテいるんだろうと思い、怖いモノ見たさで興味津々でレンタルしてしまったのがこのブツなのでございますが、イヤイヤ、やっぱり聞いてはいけないモノを聞いてしまった気がして、気分的にはちょいと沈んでしまいましたね~。ぶっちゃけ言いますと、わっちは非常階段のノイズが怖いのであります。エレキギターとか発信機とかを使ってノイズを撒き散らしているワケなんですけど、それが地獄に落ちた人間の阿鼻叫喚の声のように聞こえるのであります。非人間的な機械音のノイズなんですが、それが人間の悲鳴のように聞こえるというのが、めっさ怖いのでやんす。

 そこに初音ミクの非人間的な声が加わっているワケですから、更に怖さは倍増しておりまして、その様相はまさに地獄絵図。地獄に感情を持ち合わせない人間の形をしたモノが漂っているという、マジで悪夢のような世界が繰り広げられているように感じられます。うーむ、いくら怖いもの見たさとは言え、やっぱり聞くんじゃなかったかな~。わっちには理解出来ないタイプの音楽・・・イヤイヤ、もはや音楽じゃないですね。

 ところで別にどうでもいいんですけど、初音ミクの歌を「神歌」とか言ってもてはやしている連中は多々いますが、その連中はこの初音階段をどのように受け止めているんでしょうね~。素晴らしい「神歌」と感じているのでしょうか?それとも、とても聞いていられない騒音と感じているのでしょうか?オビには「ポーカロイド作品でも初のノイズとのコラボとなる今作は音楽史に刻む歴史的作品」とか書いてありますけど、みんな本当にそんなこと思ってるんでしょうかね~。わっちには理解出来ない今日この頃なのでやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、不安感を煽る、やっぱり怖いです。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
非常階段って、一瞬、吉本の女芸人シルクのことかと思ってしまいました。(笑)
このアルバム、アイドルのCDなんかよりも面白そうデスね。近くのレンタル店舗でCDを見つけたら、聴いてみたいと思います。

初音ミクの歌声の気持ち悪さは、声を一音ずつつなぎ合わせいるからなのでは?
サラームさんがゴリ押ししてたアサチャン&巡礼の歌声も同じようにつなぎ合わせていて気持ち悪かったデスね~。

馨:2013/10/21(月) 23:48 | URL | [編集]

>馨さん
そう言えば非常階段とかいうお笑いがいましたっけ?よく知りませんけど。
このブツ、ワタクシは面白いとは思いませんが、機会があったらお試し下さい。
アサチャン&巡礼って知りませんけど、そんなに気持ち悪いんですか?まあワタクシはサラーム氏とは全く趣味が合いませんので、聞く気はありませんけど。まあ何にしても、初音ミクは気持ち悪いです。

ころん:2013/10/22(火) 22:16 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL