2013’11.07・Thu

安藤裕子 「グッドバイ」

pandoyuko005.jpg

 わっちの大好きなシンガーソングライター安藤裕子の、今年発売の新作であります。わっちのベスト10の常連さんですので、今回のブツもベスト10候補になるだろうな~と思いつつ、レンタルした次第でございます。あ、もしかしたら「大好きなら買えよ」って言う人もいる思いますが、やっぱりJ-POPの盤は異常に値段が高いですから、買いたくても買えやしません。1枚200円でレンタル出来るなら、「少しでも安くで色々聞く」をモットーとしているわっちは、レンタルすることを選ぶのであります。

 というどうでもいい話はさて置き、安藤さんのブツでございますが、わっちが安藤さんのブツを聞く度に感じるのは、一度足を踏み入れたら決して抜け出すことが出来ない蟻地獄のような磁場を持った、摩訶不思議なめくるめく安藤ワールドの濃密さであります。クセのある歌い方に独特のメロディが展開される安藤ワールドはまさに唯一無二のモノでありまして、ハマったら最期、安藤さんの虜になるしかないと感じられるのであります。

 ところがこの新作、わっちには随分スッキリした内容に感じられるんですよね~。クセが少なくなって素直になったと言いますか、これまでのような強烈な磁場を感じさせるような曲が少なく、安藤さんにしてはかなりアッサリした内容のように聞こえます。わっちはこの新作でも濃密な安藤汁が滴る安藤ワールドを聞けると思っていただけに、この展開は意外でありました。どういう心境の変化なのかは知りませんが、いつもの鬼気迫る安藤さんに比べると、とても優しい表情の曲が揃っていると感じられます。言ってみれば、安藤さんにしては聞き易くて親しみ易い作品ということになると思いますが、だからと言って面白味が欠けるワケではないのが、安藤さんの変人奇人たる所以であります。

 アッサリ味ではあっても独自の世界はしっかりと作り上げていますし、クセは少ないながらも安藤さんらしさは随所に感じられまして、「イヤイヤ安藤さん、やっぱりアンタは凄いですわ」と納得させられる仕上がりになっていると思います。ただ、いくらアッサリ味とは言っても、安藤さんに慣れていない人にはこれでも十分強烈なインパクトがあると思いますけどね~。でも安藤さんのブツの中では、安藤ワールド入門用としては適しているのではないかと思います。幅広くお薦めしたい一品(逸品)でやんすよ!

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、沖縄風のタイトル曲でございます。」→コチラ

「もう1曲、ハワイアンの名曲ですね。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL