2013’11.30・Sat

興味津々音楽探求~CHIARA 「UN POSTO NEL MONDO」

pchiara001.jpg

 皆様今晩は。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げますのは、イタリアの歌手キアラの今年発売のアルバムです。10月にころんさんがイタリアに行った時に、ミラノの本屋さんでゲットして来てくれた作品です。このキアラという人ですが、確か97年あたりからパオラ&キアラという姉妹デュオで活動して来た人ですよね?今年の7月にアルバムを出して解散してしまったという話を聞きましたけど、本当なんでしょうか?何だかわからないことばかりなんですけど、この人がパオラ&キアラのキアラさんという前提で話を進めたいと思います。

 ジャケ写を見ますと何だか若いモデルさんみたいな雰囲気ですが、実際は73年生まれの今年40歳だそうです。ころんさんは年齢を知ってひっくり返ってましたけど、まあそれはどうでもいい話ですね。歌の方は年齢に相応しく低目の落ち着いた声を、いかにもイタリアの歌手という感じでお腹の底から出していまして、とても堂々としていて貫禄があります。流石に16年ものキャリアを積んで来ただけのことはありますね。とてもカッコいい、ステキな歌声だと思います♪

 ところでわたしは前にころん棚で、パオラ&キアラの2002年盤「FESTIVAL」というアルバムを発見したのですが、そのアルバムで聞けるキアラさんの歌声は、当時はまだ29歳だったということもあって、まだまだアイドルっぽい雰囲気の歌って感じだったんですよね~。その頃の声のイメージで今回のアルバムを聞くと、とても同じ歌手とは思えません。音楽的には「フェスティバル」はちょっと浮遊感のあるドリーミーな感覚のユーロポップという感じですが、今回の盤はヨーロッパやラテンの雑多な要素が多々入っていまして、なかなか面白い作品だと思います。

こちらが「FESTIVAL」
ppaolachiara001.jpg

 まずは冒頭のタンゴ風味のカッコいい歌にシビレてしまいますし、イタリアン・ポップスらしいダイナミックな歌もあれば、ポーティスヘッドを思わせるような曲やトローバ風の曲、英国ニューウェーヴ風の曲まであったりするのですが、どれも見事にイタリアン・ポップスに仕上がっているのが素晴らしいですね~。まあそれはキアラさんの歌の力によるところが大きいのだと思いますが、キアラさんがこんなにステキな歌手だったなんて、初めて知りました。そんなキアラさんに、わたしは興味津々になってしまいました!

 キアラさんは今後もソロ活動を続けて行くのだと思いますけど、そうなって来ると相方だった妹のパオラさんのことも気になってきますよね~。次は是非パオラさんのソロ・アルバムを聞いてみたいと思います。

 以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試し下さい。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪


「とりあえず1曲、タンゴ・イタリアーノ?」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL