2013’12.18・Wed

酩酊音楽酒場~TISHEH O RISHEH

ptishehorisheh001.jpg

 みなさん今晩は!ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」で取り上げるのは、PHARAWAY SOUNDSという変なレーベルが出している、昔のイランのポップス音源を集めた編集盤シリーズの、昨年発売された1枚です。このシリーズは前に「センドゥニ」とか「ハーネ・ハーネ」なんてブツが日本でも発売されてますから、知ってる人もいますよね?「PERSIAN 70’S FUNK,PSYCH AND POP!」なんて題されたシリーズで、好き者を狂喜乱舞させた盤として記憶に新しいかと思います。

 最近はレアグルーヴ・マニアみたいなワケのわからない人種が、東南アジア、アフリカ、ラテンなんかの昔の音源を集めて来て復刻盤を出すというのが大流行していますけど、このシリーズもそんな感じの盤なんじゃないですかね~。まあそんなレアグルーヴ・マニアの所業を快く思わない人もいるんでしょうけど、世界各地の貴重な音源を掘り起こして来て日の当たる場所に出してくれるワケだから、私はありがたいと思います。おかげでこんなに面白いブツに出会うことが出来ましたし♪

 ペルシャのポップスなんて言ったら、私はググーシュとかレイラとか、本当に極々限られた歌手しか知らないんですけど、ここで一気に18曲もの知られざる歌手達の歌を聞くことが出来て、何だかとっても充実した気分になりました。ここに収録されているのは革命前のイランのポップスということで、文化的な制約が少なかった頃の音源になるんですけど、ペルシャ系の音楽にロックだのファンクだのをブチ込んだミクスチャーな曲の数々は、とてもサイケ&ファンキーな味わいに満ちていて、革命前のイラン・ポップスってこんなに面白かったんだ~って驚くこと必至ですわよ!

「驚いちゃいますわよ!」byななみー
phiwaiinana041_20131218215834357.jpg

 って言うか、革命前だろうと革命後だろうと、イランのポップスのことなんて全然知らないんですけど、まあ知識なんて無くても、このちょっと妙ちくりんな感覚がある不思議な音楽は聞き所満載だと思いますね~。バリバリにアラブな音楽みたいな近寄り難さとは無縁の、もっと耳当たりの良い親しみ易さがあるように感じられます。メロディも可愛くてポップな感じなのが多いし、アジアのポップスに接するのと同じ様な感覚で楽しめるんじゃないかと思いますよ!

 以上、マニアックだけどとってもポップで楽しい世界が広がっている音楽を取り上げてみました、「酩酊音楽酒場」でした!DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました。それじゃあ、またね~♪


「とりあえず1曲、妙ちくりんな感じだけど楽しいですね。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieアラブ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL