2013’12.19・Thu

酩酊音楽酒場~LE GRAND KALLE 「HIS LIFE, HIS MUSIC」

plegrandkalle001.jpg

 皆さん今晩は~。ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪今回の酩酊音楽酒場で取り上げるのは、コンゴ音楽の父とも母とも言われるジョセフ・カバセレ、通称グラン・カレの、今年発売の2枚組復刻盤ですよ~!グラン・カレって名前は前から知っていますし、何曲かは聞いたことがありますけど、これだけまとまった音源を聞くことなんてこれまで出来ませんでしたから、この復刻は本当に大快挙って感じですね~。感謝感激のリイシュー盤でございますわよ!

「感謝感激ですわよ!」byななみー
phiwaiinana050.jpg

 グラン・カレの音楽は一応リンガラなんですけど、世代的にはフランコ先生よりも上の人ですので、よりラテン音楽の影響が強く残った音楽をヤッテいます。と言うか、フランコ先生がラテン音楽の影響を受けつつもよりアフリカらしい音楽を目指したのに対して、グラン・カレさんはあくまでラテン音楽の影響が色濃く残った音楽にこだわり続けたようですね。中にはラテンそのものって曲もありますし、この人のラテン好きは筋金入りだったんでしょうね~。ケケレが出したアルバムもラテン音楽にかなり接近してましたけど、ケケレはグラン・カレさんの音楽性を現代に取り戻そうとしていたんだろうな~ってことが、今回のブツを聞くことでハッキリと見えて来ました。う~む、グラン・カレさんって、本当に影響力の大きい人だったんでしょうね~。

 この人がヤッテる音楽って、何だかよくわかりませんけどホンワカ温かくて包容力がありますね。基本ラテンっぽいんですけど、ガーナのハイライフみたいな味わいの曲もあれば、何となくパームワイン・ミュージックみたいな感覚のモノもあったりして、とにかく奥が深いな~って感じがします・・・とか何とか書いてるのが段々面倒になって来たぞ?聞くほどに素晴らしくて、もうネタなんて書いてられません!興味がある方は是非ゲットしてみて下さい。聞けばわかるこの素晴らしさ!音楽を聞く喜びというモノが、たっぷりと味わえる最高のブツです。今年のベストには、私の命を賭して入賞させたいと思います!

 以上、素晴らし過ぎてネタを書く気が無くなってしまう程にステキな盤を取り上げてみた、「酩酊音楽酒場」でした。下に試聴を貼り付けますので、よかったら聞いてみてね!DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました。それじゃあ、またね~♪


「とりあえず1曲、素晴らしいです。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL