2014’01.23・Thu

岩田さゆり 「風と空と」

piwatasayuri001.jpg

 ブックオフで20%オフセールをヤッテいましたので、思わずゲットしてしまった女優岩田さゆり(以下さゆりん)の2005年盤であります。500円が400円になりました!機嫌の悪いヒワイイ大使のななみーといった雰囲気のジャケが前からずっと気になっておりまして、今回やっとゲットすることが出来ました。嬉しい~♪こんな不機嫌そうな顔をしていて実は脱力するぐらいにヘロヘロヘッポコな歌だったら面白いのにな~と思っていたのですが、聞いてみるとなかなか良質なポップスでしたので、ちょいと驚いてしまいますた!

「不機嫌な私?」byななみー
pnanami001_201401232349211e1.jpg

 まあこの手のブツで歌が上手いなんてことはあり得ないのですが、さゆりんも不機嫌そうな顔の通りのブッキラボーな歌を聞かせてくれまして、気の毒なぐらいに下手っぴーなのであります。本来であれば聞くに堪えない耳が腐りそうなグダグダ歌唱盤になってしまいそうなのですが、ところがどっこい(?)何だか妙に切なくてしっとりとした情感が漂っておりまして、結構イイ感じなのであります。う~む、なかなかの不思議盤でございますね~。実に面白いではないですか!

 この切ないしっとりとした情感というのは、この下手っぴーな歌を上手く生かしているアコースティックな音作りと曲の良さから来るものでありまして、決してさゆりんの実力なんかではないのでありますが、こんな歌をイイ感じに聞かせてしまう制作陣の力はなかなか大したものだと思います。きっとこの娘のツンとしつつもカワイイルックスに騙されて、普段の実力以上のモノを発揮出来たに違いありません。「ワタシのアルバムなんだから、イイもの作らないと承知しないからね!」と強い口調で言われて、歓喜の涙を流しながら忠実な犬のように制作に励んだのでありましょう…ホンマかどうか知りませんけど。

 という妄想話はさて置き、若手女優が名前を売る為に「ついでに」作った盤にしては非常に良く出来ているのは確かでございまして、アイドル歌謡としては文句無しの合格点に達していると思います。な~んて言ったところで誰一人として注目してくれるワケがないんですけど、まあ別にイイです。こういうブツはわっち一人が楽しんでいればそれで良いワケでございますから。おそらく日本全国に16人ぐらいはいるであろう岩田さゆりの歌のファンとして、陰ながらひっそりと応援して行きたいと思う今日この頃でやんすが、この娘、最近はブツなんて出してないですよね、多分?応援しても仕方ないかな~。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、こうやって見ると、あまりななみーには似てませんね。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL