2014’01.20・Mon

ステーション 「電車でGO!GO!」

pstation001.jpg

 何かよくわかりませんけど、鉄道アイドルとか何とかおっしゃって抜かしくさりけつかるステーションなるアイドル・ユニットの、2012年のアルバムでございます。たまたまブックオフで見つけたのですが、あまりに下らなそうなのでついつい500円もの大枚をはたいてゲットしてしまいました。最近はワケわからないアイドルが百花繚乱状態になっていますが、鉄道アイドルなんてのもいたんですね。

 それにしてもこのジャケを見ると、そこらにいくらでもいるような、と言うよりブサイクな連中がズラリと揃ってますよね~。まあクソでもミソでも誰でもアイドルと名乗れる時代ですから何でもいいんでしょうけど、悪ノリの学芸会みたいなアイドルってのも如何なもんかな~という気はしますね…って、こんなブツをゲットしているわっちが言うことではないんでやんすが。

 ジャケからして下らないことが確定しているブツなワケでございますが、実際に聞いてみると意外にもジャケほどアホアホではなくて、一応シッカリと作られた楽曲を歌っていますね。まあ歌の方は聞くに堪えないシロートのカラオケレベルの歌唱で、ロクに歌えていないんですけど、変にカッコつけようとせずに等身大の下手クソな歌を聞かせているのがイイのかな~って気がしますね。ただ、鉄道アイドルとか何とか言ってる割には全然鉄道っぽくない楽曲ばかりなのが、何と言うか、何ですね。鉄道を思わせるプラットホームとかレールとかのキーワードが入っている曲もありますけど、どうせならもっと徹底的に鉄道に特化したらどうだったんでしょうか?

 中にはちょっと切ない情感が漂ってくる曲もいくつかありまして、それは鉄道どーのこーのを抜きにしてなかなかイイ感じなのでありますが、ならば鉄道アイドルじゃなくてもエエやんけ、などと思ったりもするワケでございまして、何だか色々と考えさせられるブツでありますな。まあグダグダ考える必要なんて、全く無いんでしょうけどね~。結局は何だかんだ言いながらもついつい聞いてしまうブツでありまして、好きかどうかで言えば好きなんですけど、これだけルックス的に劣る連中が揃っているとあまり大っぴらに好きだなんて言いにくいな~なんて思う今日この頃なのでやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、見てて悲しくなって来るショボショボPVじゃな…。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL