2014’01.24・Fri

奈津子 「真実」

pnatsuko001.jpg

 奈津子なんて一体何者なのか全然知りませんけど、とりあえずは2001年に発売されたアルバムでございます。ぶっちゃけ、ジャケ買いです。このジャケはもう何年も前から知っていまして、ブックオフの250円コーナーに出て来たらゲットしてやろうと思い続けていたのですが、この度めでたく250円で入手した次第でございます~♪とりあえずはこの色白でかなりの美人っぽいジャケが良いではないですか!ジャケ買い王子の本領発揮でございます。

 ただ、こんな美人さんなのにアルバム・タイトルが「真実」で、「汚れた街」とか「時代」とか「猜疑心」等々、何だかイヤ~な予感がする曲名がズラリと並んでいますので、もしかしたらわっちの嫌いなタイプの歌手かも?などという一抹の不安を残しつつブツを再生したのでありました。すると、こんな美人さんなのに、残念なことにイヤ~な予感が当たってしまったのでありますた。だってこんな曲名を付けるなんて、「アタシは他の連中とは違って意識が高いのよ!」って言ってるように感じませんか?

 わっちは音楽を聞く際には歌詞なんてあまり気にしないのですが、日本人歌手の場合はどうしても勝手に歌詞が耳に飛び込んで来ることがあります。奈津子自身が書いている歌詞は、何と言いますか、説教臭いんでやんすよ。自分は高い問題意識を持っていて、世の中の矛盾とか汚い部分に気付いているのだ!などという「自分は世の中のことをよく考えていて、よくわかっているのだ!」というスノッブな感覚がありまして、何だか興醒め~って感じなのであります。本人はそんなつもりは無いんでしょうけど、聞く方にそんなことを感じさせてしまっては遺憾でしょう。

 それから、もう一つ許せないのは、こんな美人さんなのに、「ら」行を巻き舌で発音しやがることであります。ちょいとべらんめえ調の歌い方ですし、こんな美人さんなのに何て品が無いんでやんしょ!まあヤッテる音楽が結構ハードなロックですので、迫力を出す為にこのような歌い方をしているのかもしれませんけど、ハードなロックなのにキュートでステキなスキャンダルという素晴らしいバンドを知っているわっちとしましては、やっぱりこの歌い方はいただけませんな~。

 というワケで、何年も前から聞いてみたかったブツなのに、実際に聞いてしまうと「聞かない方が良かったな~」という盤だったことがわかってしまって、ガッカリしてしまったある日の夜なのでございますた。

あと、こんなブツの試聴が見つかるはずもなく、今回は試聴の貼り付けは無しでやんす。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
奈津子このCDにある鳥かごという曲最初椎名林檎が復帰時にマタニティブルーという曲名でリリースされたというデマがながれてw
でもきいてみると、椎名林檎そっくりw
すべりだいや時が暴走するなどと聞き比べても椎名林檎にクリソツwほんとのところどうなんだといいたいw

lonelyegg:2016/07/22(金) 18:17 | URL | [編集]

>lonelyeggさん
こんばんは。初めまして、ですよね?
奈津子さんのこのブツですが、既に売り払ってしまいましたしどんな音楽だったかもよく覚えていないのですが、椎名林檎みたいな感じでしたっけ?
まあ林檎さんソックリだろと何だろうと、ワタクシにとっては今更どうでもいいんですが、奈津子さん本人に聞いたら「椎名林檎の影響なんて受けてない!」なんて、めっさ怒られそうですね~。

ころん:2016/07/22(金) 22:44 | URL | [編集]

椎名林檎のマタニティブルーでぐぐると知恵袋なんかで、それは奈津子の鳥カゴという曲ですとでてくるw
ところが、椎名林檎、b-sides & live tracksとぐぐると、なんとこのCDの10曲目にマタニティブルーという曲で何故か奈津子の鳥カゴが収録されてたりする…ところがこのCD楽天やアマゾンでは売られてないシロモノだったwうーんこの曲ほんとにだれがうあたってんの?奈津子なんだろうけど、ここまで間違えられるとはwもうこの曲について色々詮索するのはやめようと思ったw

lonelyegg:2016/09/05(月) 14:42 | URL | [編集]

>lonelyeggさん
こんばんは。
まだ奈津子のことを色々と調べられているのですね~。粘り強いですね。
何にしても、このブツは既に売り払ってしまいましたので、ワタクシにはよくわからない話でございます。椎名林檎にも興味ありませんし。

ころん:2016/09/05(月) 22:23 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL