2014’02.14・Fri

梁文音 「愛、一真存在」

p梁文音001

 先日台湾のマブダチに久し振りの再会を果たした時に、お土産にいただきましたブツでございます。昨年イタリアに行った時に飛行機の中の機内エンタメでアルバム丸ごと1枚聞いてめっさ気に入ったので、マブダチに買って来てくれるようにお願いしていたのでありました。無事に手元に届いて嬉しい~♪ちなみに2009年のアルバムでありまして、写真集と歌詞カードが合体したブックレットとオマケCDが付いております。2CD珍蔵盤だそうです。

 ところでわっちはこの梁さんという歌手、機内エンタメで聞くまで全く知らない人だったのですが、調べてみると台湾ではそこそこ有名な人のようであります。ちょっと老け顔ではありますが、アルバム発表時はまだ22歳だったそうですし、愛嬌のあるなかなか可愛らしいルックスだと思います。地元ではアイドル的な存在なんじゃないかな~と推測致しますが、如何でしょうか?

 とりあえずこのブツでありますが、機内エンタメと比べると流石に音質の面で全く違いますので、聞こえ方はかなり違って来ます。機内エンタメで聞いた時は中音域ばかりが聞えて来る状態でしたので、とにかくカワイイ歌声の歌手だな~という印象がやたらと強かったのですが、CDで聞いてみると当然のことながらバックの音もちゃんと聞えて来ますので、結構しっかり作られたブツなんだな~なんて感じられたりして。もちろん歌声はめっさカワイイんですけど、カワイイ歌声を生かす為にアレンジが色々と工夫されてることがわかりまして、改めてなかなかイケてるブツだと思った次第でございます。

 また、音がちゃんと聞えて来たことで、梁さんの歌声の不思議な部分に気が付いてしまったのですが、それは何かと言いますと、曲によって歌の表情が全然違っていることであります。アップテンポの曲ではタイのヘッポコ・アイドルみたいな表情を見せますし、スローな曲ではアジアの歌姫らしいしっとりとした湿り気のある切ない情感を漂わせたりして、コレ1枚でヘッポコもしっとりも味わえるというお得盤になっていると思います。まあ、人によっては統一感の無い多重人格盤みたいに感じるかもしれませんけど。

 とは言っても曲自体はポップで親しみ易いメロディのモノが揃っていますし、歌もそこそこ歌えていますので、仕上がりとしては上出来だと思います。カワイイルックスの通りの愛嬌がある盤だと感じられますし、機内エンタメで聞いた時よりもずっと良い盤だと実感しております。嗚呼、やっぱり買って来てもらって良かったな~としみじみ思う、今日この頃でやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、しっとり系のタイトル曲でございます。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
試聴させていただきました。
なかなかかわいらしい感じで、いいですね。
他の曲も、聴いてみます。

masahiro:2014/02/16(日) 18:12 | URL | [編集]

ころん 様

いいですね~、レイチェルさん。
まず第一に声が良いし、変に上手すぎないところがまた良いですね。

おやぢ:2014/02/16(日) 22:17 | URL | [編集]

>masahiroさん
梁さんはカワイイ声ですよ~。曲も良いモノが揃っていますし、他の曲も是非お試し下さいね!

ころん:2014/02/17(月) 00:25 | URL | [編集]

>おやぢ様
良いですよ~、梁さん。変に上手すぎないというのは、確かにおっしゃる通りだと思います!その辺が、適度な愛嬌に繋がっているのではないでしょうかね~。

ころん:2014/02/17(月) 00:31 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL