2014’04.04・Fri

TRUEFAITH 「LOVE PARADE」

ptruefaith010.jpg

 フィリピンのロックバンド、トゥルーフェイスの2010年のアルバムです。このバンドは90年代から活躍しておりまして、フィリピン最高のロックバンド、イレイザーヘッズとも活動期間が被っていた時期があるワケなんですが、ポップさと前衛的な実験精神を兼ね備えたイレイザーヘッズに比べると、地味な存在に留まっていたように感じられます。しかし地味ながらも地に足を着けた堅実且つ着実な歩みを続けて来て、今やフィリピンのロク・シーンでは最高峰と言っても過言ではない存在のバンドになっているかと思います。

 この連中につきましては「センスが良い」と評されることがありますが…と言ってもそんなことを言っているのは原色Xのインサックさんとわっちだけなんですけど、AOR的な落ち着いたメロディを最大限に生かす丁寧な音作りとスムーズな歌声が、実によく練り上げられていると感じられます。まさにこれをセンスが良いと言わずして何をセンスが良いと言うのか?というバンドだと思います。実際このアルバムでも、非常によく練り上げられた音作りを聞くことが出来ます。

 このブツの音の感触としては、80年代風のシンセ音を上手く使った作りとなっています。例えば日本でもちょっとだけヒットしたことがあるオーストラリアのグループ、リアル・ライフを思い出させるような、とても温もりのある優しい音作りになっているんですよね~。穏やかなメロディを最大限に生かす為に、意識的に80年代風の音を使っているのだと思うのですが、独特のメランコリックな雰囲気が漂う実に魅力的な世界を作り上げていると感じられます。このセンスの良さには脱帽致しますね。

 実はこの連中の音楽につきましては、以前から非常に高品位であると認めながらも、イマイチ好きにはなれませんでした。それはあまりに破綻の無い安定した穏やか路線が、わっちの耳にはなかなか響かなかったからであります。でも今回のブツを聞いてこの連中にスッカリとハマってしまいまして、その状態で過去にゲットしたブツを色々と聞いてみますと、不思議なことにこれまた何ともセンスの良いステキ音楽に聞えるではありませんか。うーむ、やっぱりわっちの耳ってテキトーなものでやんすね~などと、改めて思ってしまいました。でも自分の耳の範囲がちょっと広がったのが嬉しかったりして♪このブツをゲットすることが出来て、本当に良かったな~と思う今日この頃でやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、美しくてカッコいいですね~。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL