2014’06.29・Sun

月島きらりstarring久住小春(モーニング娘。) 「☆☆☆(みつぼし)」

pkusumikoharu002.jpg

 「星、三つです!」とは堺マチャアキの言葉でございますが、テメエで星三つなどというタイトルを堂々と付けやがるこの久住小春という小娘、なかなか見上げた根性をしているではないですか。流石に「モーニング娘は単なる踏み台だった」などと平然と言ってのける神経の持ち主でございますな。歴代のモー娘の中では整ったルックスを誇る小春ちゃんですが、これで「モー娘を経験したからこそ、今のワタシがあるんです」なんて控え目な事が言えれば、もう少しメジャーな存在になれたんじゃないですかね~。カワイイクセに可愛げが無いのが小春ちゃんらしいんでしょうけど、ウソでももう少しカワイイ性格を演じたらイイのに…って、もう手遅れですけど。

 この娘のブツは前に取り上げた事がありますけど、耳が腐りそうなヘッポコボロボロ歌唱が聞くに堪えない、実に素晴らしい作品になっておりました。ヘッポコ好きのハートを捉えて放さない魅力が輝いていたクズ盤でございましたが、今回のブツはそれよりも更にスケールアップしていると言いますか、歌そのものはちょっとマシなんですけど、ロックっぽい楽曲がとても充実しておりまして、ヘッポコアイドル・ハードロックみたいな新境地を開拓しているのでありました。しかも、たどたどしい歌唱からアジアのアイドルらしい切ない情緒が漂うようになっていまして、これは素晴らしいと思います!

こちらの写真も素晴らしい!モーラム歌手コハルーティップ・クスーミンって感じですね~。
kusumikoharu010.jpg

 などとツラツラ考えつつ、前に取り上げたブツを棚から引っ張り出して来て眺めていた所、わっちは勘違いしていることに気が付きました。実は前に取り上げたブツよりも、今回のアルバムの方が後に発売されたと思い込んでいたのですが、実際はその逆で今回のブツの方が先に出ていたのであります。ちなみにこちらは2007年盤。そうなると、元々カワイイ切ないヘッポコ・アイドルだった小春ちゃんは、何をトチ狂ったのか、暴走機関車みたいな歌手に退化してしまっていたワケでございます。そうか、小春ちゃんは退化の改新を遂げていたのですね~。なるほどなるほど、やっぱりステキですわ、この娘。

 それにしても歌唱力ゼロなのを隠すことも無く、可愛さと勢いだけで押し切ろうとする強引さは、本当に素晴らしいですね~。可愛ければ何でも押し切れると思い込んでいる身勝手で根拠の無いパワーが凄いかと思います。現在はモデルになった小春ちゃんですが、前のブツを取り上げた時にわっちは小春ちゃんのことを「モデルとしては大したルックスではない」と書きましたけど、まあその通りではあるのですが、この根拠の無い強引なパワーをモデル業界でも発揮して、猛烈に嫌われていただきたいと思います。そしてモデルを諦めて歌の世界に戻って来て欲しいな~なんて思う、今日この頃なのでやんす♪待ってますよ、小春ちゃん!その時はモーラム歌手コハルーティップとして再デビューして下さいね♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それでは1曲、それにしても聞くに堪えない酷い歌唱ですね~。」→コチラ

「もう1曲、スカっぽいロックがヘッポコ歌唱で台無しです。エエな~♪」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL