2014’07.05・Sat

ANGKANA KHUNCHAI Vol.1 「MAE BAEB PLENG MORLUM」

pアンカナー001

 タイのモーラム歌手アンカナー・クンチャイの、全20曲入りの復刻盤です。タイのインドラ・スクエアにあるブツ屋でゲットして来たブツですが、このボログで取り上げること無く棚に眠った状態となっておりました。ところで最近ですがアンカナーさんのブツが日本で復刻発売されたそうですけど、その情報を知って、そう言えばわっちはアンカナーのブツを持ってたな~なんて思い出して、コレを棚から引っ張り出して来た次第であります。

 それにしてもアンカナーのブツを日本発売するなんて、ワケわからんことを考える人がいるもんですね~。一体誰向けに売り出すんでしょうか?間違い無く赤字になると思うんですけど、こういう暴挙を企てる勇気は素晴らしいと思います。フツーの神経だったら絶対に二の足を踏みますよ。でも最近はDJ連中による「辺境音楽」の掘り起こしが盛んですから、もしかしたら売れたりするのかもしれませんね~。CDだけではなくLPも発売しているようですから、DJ狙いの発売であることは間違い無いかと。

暴挙のブツ
pアンカナー002

 まあそんなことはどうでもいいとして、アンカナーさんのこのブツでございますが、これまでに取り上げて来ましたバーンイェン・ラーケンバーンイェン・シーウォンサークワンジット・シープラジャン等々のヘヴィ級の猛者達に比べれば、結構ライト感覚かもしれません。まあモーラムに慣れていなければ猛烈にクセが強いと感じられるんだと思いますけど、実際はかなり聞きやすい部類の歌手なんじゃないですかね~。モーラム独特のべチャっと潰したような歌声ではありますが、節回しも声そのものも軽やかですしサラリと聞けるのではないかと思います。昔のモーラムを聞くならアンカナーさんから、ぐらいのことは言えるんじゃないですかね~。

 曲はどれを聞いても同じ様にしか聞えないかと思いますが、元々音楽的なバリエーションが少ない音楽ですからその辺は仕方ないかと。ところが単調な反復がひたすら続くと感じられるであろう全20曲を聞いておりますと、段々と効いてくるのでありますよコレが。反復は中毒性とか陶酔感をもたらすことが多々ありますが、アンカナーさんのモーラムも例外ではありません。ヘッドフォンを使って大きな音で聞いていたら、その内にトリップするような感覚に陥るかもしれませんよ。まあアンカナーさんはライト感覚ですからそこまで強烈なトリップ感は無いかもしれませんが、もしモーラムに興味がおありの方がいらっしゃったら、まずはアンカナーさんで耐性を付けて、それからヘヴィ級の猛者達に挑戦するのがよろしいかと…な~んてね♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、こんな雰囲気ってことで、ご参考までに。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
ご承知かとは思いますが ...
小箱・有志の方々が頑張って先月 「ご本人様」 を招聘、新宿で小ライブが催されました。 その資金回収等と併せて商機、記事中の記念盤他に T シャツなどもリリースされたようです。 ころん先生の考えるのより更に深く、同ジャンルのファン(マニア)は本邦に根附いているのかもしれませんね。

閑話休題、当盤ですが、例の爆裂系を高原水で割ってマイルドにし、それをミニマルミュージック (モーラム反復?) 風に戻して仕上げた感覚で聴いています。

ところでアンカナ T シャツ、1枚いかがですか?

Santa:2014/07/07(月) 22:06 | URL | [編集]

>Santaさん
こんばんは。
ご本人様ご来日につきましては、全く存じませんでした。知っていれば行ったのに…イヤイヤ、新宿なんて行けやしませんけど、東京ってマニアックな方々が多々いらっしゃるんですね~(東京に限らないとは思いますけど)。九州の片田舎に住む者には想像もつかない世界があるのではないかと思ったり思わなかったり。
まあ何にしても、この盤は聞きやすくて親しみやすいかと思います。出来れば日本発売されたブツも聞いてみたいですね~。

ところでTシャツってどんなデザインなんでしょうか?

ころん:2014/07/07(月) 22:28 | URL | [編集]

> ところでTシャツってどんなデザインなんでしょうか?

当然 アンカナ女史の御尊顔ドアップしかも原色劇画調、前後スペシャルプリントでアピールすべきところですが実物は .... 是非 DU のサイトでご確認ください。 因みにタイ語で 「イサーンラムプルーン」 と読めます。

話は変わりますが、アジアに限らず昔のジャケットは個性的で見ているだけでも楽しいですよね。
確か、それらばかりを蒐集した写真集もあったと思います。

http://www.ethaicd.com/list.php?keyword=Collectibles+Records&imageField.x=5&imageField.y=8
(普通?) http://www.ethaicd.com/list.php?keyword=Mae+baeb&imageField.x=0&imageField.y=0

Santa:2014/07/08(火) 22:15 | URL | [編集]

>Santaさん
こんばんは。
DUはディスク・ユニオンのことですよね?確認してみますが、アンカナさんの顔のドアップではないということですよね~。出来れば日本発売したブツのジャケでもプリントしてくれていたらと思いますが、要はタイ文字ということですよね。まあ、確認してみます。

おっしゃる通り、昔のジャケはイイですよね~。意味不明のイラストとか超絶ダサい写真とか、魅惑の盤が多々あるかと思います。写真集、欲しいですね~♪

ころん:2014/07/08(火) 22:46 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL