2014’07.09・Wed

NAMCHA 「LIPS ME PLEASE」

pnamcha002.jpg

 とりあえず故障したパソはどうにもならない状態でありまして、また別パソから更新しております。外付けのキーボードを試してみるしかないですね~。別パソはあまりネットに繋げたくないですし。で、今回は以前下書きしておいたネタをアップしておこうかと思います。それでは早速。

 というワケで、タイのポップス歌手ナムチャーの、2011年のアルバムです。数年前のバンコク旅行の際に、サイアム・パラゴンのGRAMにてゲットしたブツでございますが、一度聞いたっきりで棚にブチ込んでしまい、ボログで取り上げることなくそのままになっていました。その当時はあまり気に入らなかったんでしょうね~。最近はCD整理をしていて棚から色々とブツを引っ張り出しているのですが、こんなブツも出て来た次第でございます。

 この娘のデビュー盤は前に取り上げたことがありますが、ジャケ写が木下優樹菜みたいな顔だったことが強く印象に残っていて、今では中身のことは全然覚えておりません。だからと言って、棚から引っ張り出して聞き直してみようなどとは思わないのが、わっちのわっちたる所以でございます(?)。まあデビュー盤のことは置いといてこのブツでございますが、これが何故ゲットしたその時に取り上げなかったんだろうと不思議に思うぐらいに、なかなか良い出来ではないですか!やはりわっちの耳なんてエエ加減なモンでやんすね~。

 ナムチャーってグラミーからブツを出している位ですから、KAMIKAZEのアイドル連中とは違ってキッチリと歌える娘なんですけど、タイのアイドルらしいフニャっとしたカワイイ脱力感もちゃんと持ち合わせていますから、その辺のバランスが実に良くてステキな歌手ですよね~。わっちの好みではないですけどルックスもそこそこ良いですし、アイドル系の歌手としては理想的な娘なんじゃないでしょうか?

 音楽的にはR&B系の要素を取り入れたありがちなタイポップスなんですけど、歌声そのものにアジアらしい切ない情緒がありますから、しっとりしたバラード調の曲なんかにはバッチリとハマる声ですし、軽快な曲では愛嬌のあるカワイイ歌い方が出来ますので、最初から最後まで飽きることなく聞くことが出来るんじゃないかと思います。イヤイヤ、マジで良い歌手ではないですか!不覚にもこれまで全然意識しませんでしたが、これからはこの娘を追っ掛けて行かないといけないかな?…って、多分追っ掛けないと思いますけど。

 ただ、願わくばなんですけど、東南アジアの女子にはありがちなんですが、折角のキレイなルックスを台無しにしてしまうケバケバ・メイクを何とかして欲しいと思います。このブツにはナムチャーの写真が満載なんですけど、「オマエ化粧濃過ぎるやんけ!」と言いたくなるようなケバい系の写真ばかりですので、メイクの担当者はもっと本人の顔を生かすようにして欲しいですよね~。何にしても、ナムチャーはナチュラル・メイクの方が絶対にカワイイと思う、わっちなのでやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。

「とりあえず1曲、ノリの良いカワイイ曲ですね。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
こんばんは、ころんさん

フォローしている人がネタになると嬉しいものですね、ありがとうございます

>ケバケバ・メイクを何とかして欲しいと思います。
自分のネタを書くためにyoutubeのGMMTV RECORDSチャンネルを繰っていたら、偶然にも同じ思いを持ったNamchaのMVが2本ともありました。僕の場合、ルックスから入っているので、かなりショックなMVでした
http://youtu.be/uDsatUx4Cv0
http://youtu.be/y6sWbpOESEE

私生活ではつい最近までマネージャに原色の服を禁止されていたらしく、解禁後かなりケバい格好をしているようです

普通何年か芸能人していると、センスが良くなるか、少なくともこなれてくるものなのですが、Namchaの場合その気配が全くありません。
まだまだ何にでも手を出す貪欲さを感じます。

今年の名古屋のタイフェスのメインゲストで来日しました。
そのコンサートの前日にLineのキャラの着ぐるみ(?)を着て栄町あたりを闊歩していました。
http://instagram.com/p/pOsdGVkCgV/

ステージはかなり盛り上がったようです。
帰りにこんなメッセージを残してくれてます。
http://instagram.com/p/pQ1J_TECpE/?modal=true

まだまだ、つかみ所がないNamchaは目を離せないかわいい女の子です。

Matt:2014/07/10(木) 23:25 | URL | [編集]

>Mattさん
こんばんは。またもや色々と貼り付けをいただきまして、ありがとうございます!
ナムチャー、イイですよね~。ただ、ケバケバメイクでセンスが無いのは、もしかしたら本人のせいかもしれませんね。素材がイイのに、勿体ない…。
ところでナムチャーって名古屋のタイ・フェスに来てたんですね。全然知りませんでした。知ってたら行った…りはしないですけど、次回は是非福岡に来て欲しいと思います。
何にしても、ナムチャーって面白い娘だと思います~♪

ころん:2014/07/11(金) 23:26 | URL | [編集]

最近 Grammy の方向性として、女性アイドルは The Star 出身や Noona 等を売り出しているように見受けられます。 個人的には Punch と Namcha にフォーカスしていただきたいのですが。

さて当アルバムですが (以前のアルバムにも云えますが)、安定感があり、また折にふれ聴き返す度に (特にバラード系の数曲に) 新鮮な小発見もあり、飽くことなく楽しめる佳盤だと思います。 因みに本人、至近で見るとビックリするくらいに華奢です。

> ... 折角のキレイなルックスを台無しにしてしまうケバケバ・メイクを何とかして欲しいと思います。

近作ではメイクなど超越して、すでに変装?コスプレ?の域に昇華、魔性発揮のようですが ...
http://www.youtube.com/watch?v=dGwKVqAzVr8

Santa:2014/07/12(土) 00:35 | URL | [編集]

>Santaさん
こんばんは。
おっしゃる通りグラミーはThe StarとかNoonaの売り出しに熱心なようですね。まあワタクシはどっちも好きなんですけど、もう少しバランスを考えてもらいたい気はしますね。
それにしてもこのアルバム、なかなかイイですよね~。おっしゃる通り聞き飽きることが無い好盤だと思います。こんなステキ盤を出す娘をワタクシも至近距離で見てみたいです…。でもケバケバメイクを通り過ぎてコスプレの域に達しているなら、あまり近付きたくないかもしれません。貼り付けいただいた映像ですが、おかしなことになっていますよね~。

ころん:2014/07/12(土) 20:37 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL