2014’07.31・Thu

興味津々音楽探求~KATIA B 「SO DEIXO MEU CORACAO NA MAO DE QUEM PODE」

pkatiab001.jpg

 皆様今晩は。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げますのは、ブラジルの歌手カチア・ベーの2003年の2枚目のアルバムです。わたしはカチアさんなんて全然知らなかったんですけど、ころんさんがふらりとブックオフで買って来てくれました。ころんさんに「カチアさんってどんな音楽をやってる人なんですか?」と聞いたら一言、「知りません」ですって。相変わらずワケがわからない人ですね~。このアルバムを買った時には、どこの国の歌手なのかも知らなかったそうです。うーむ、ますますワケがわからない人ですね。

 まあブラジル音楽だということで、多分ボサノバか何かだろうな~と思って聞き始めたのですが、出て来た音は全然違っていました。アンニュイな空気感を持ったプログラミング音が全体を覆っている、ボサノバでもサンバでもない新世代ブラジリアン・ロックって感じですね~。カチアさんは血圧が低そうな声で呟くような歌い方をしますので、ますますアンニュイな気分になってしまうんですけど、こういう歌い方はもしかしたらボサノバっぽいって言えるかもしれませんね。ただ、音が音だけに、全然ボサノバって感じはしませんけど。

「ボサノバって感じではないですね。」byめぐりん
phiwaiimegu061.jpg

 でもこの音作りってじっくり聞いていると、物凄く工夫されてるって感じられますね~。全体的に沈んだトーンで統一されていますので、あまり耳に留まらずに流れて行きがちなんですけど、色々な音をどこでどう鳴らせば一番効果的かってことをキッチリと計算し尽くしているんじゃないかと思います。音の細部まで練り上げたことが伝わって来る、素晴らしいプロダクションだと思いますね。パーカッションが織り成すビートは物凄くカッコいいですし、図太いベース音は他の音に埋もれること無く常に耳に入って来ます。脇役的な扱いながらも唐突に印象的なフレーズを引くギターの音も素晴らしいですし、そしてやはり全体を支配しているプログラミング音がアルバムのカラーをビシッと統一しているように思います。

 もしかしてこのアルバムって全然評判にもなっていないのかもしれませんけど、これはかなりの傑作なんじゃないでしょうか?あまりテンションが上がらない仕上がりですので、その分損をしている部分があるかもしれませんけど、新しいブラジル音楽とか、エレクトロニカやドラムンベースなんかに興味がおありの方には、是非聞いていただきたいですね~。きっとこの素晴らしさがおわかりいただけるんじゃないかって思います。

 以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。下に試聴を貼り付けておきますので、よかったら聞いてみて下さいね。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪


「それでは1曲、メランコリック・ブラジリアン?」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
めぐりん、こんばんは

カチア・ベーの試聴の曲、真夏の夜にクールダウンするのにピッタリで気に入っちゃった
ジャケットのイラストもラウンジミュージックのコンピにしては素朴でかわいい
このアルバムに興味が湧いたのでちょっと勉強したよ
ニューヨークのPUTUMAYO(プトゥマヨ)と言うブランドの雑貨屋のBGM探しから発展したPUTUMAYO World Musicと言うコンピレーションシリーズの1つだった
ジャケットはシリーズを通して、Nicola Heindl(ニコラ・ヘインドル)が描いている
ワールドミュージック好きなら知っていて当然ってくらい有名らしいけど、僕は全く知らなかった
http://www.putumayo.com/

めぐりんの視聴選びのおかげで、また少し僕の世界が拡がった。
ありがとう、これからもいい音楽を教えてね

Matt:2014/08/02(土) 22:48 | URL | [編集]

>Mattさん
こんばんは。コメントありがとうございます。ヒワイイ大使のめぐりんです。
カチア・ベーの試聴をお気に召していただけたようで、とても嬉しいです!そういうお言葉をいただけると、レビューをやって本当に良かったな~って思えるんです。
プトゥマヨは以前から世界中の色々な国や地域のラウンジっぽい音楽を紹介しているレーベルですね。日本でもプトゥマヨのコンピは沢山出ていますし、ブックオフの500円棚なんかでも最近は良く見かけるようになりました。そこそこ売れているんでしょうね~。気軽にワールド・ミュージック気分に浸れるのが良いのではないかと思います。ここをスタートにして、色々と世界を広げて行くというのも楽しいんじゃないでしょうか?
何にしても、Mattさんの世界が少し拡がることにわたしがほんのちょっとだけでも貢献出来たというだけで、とても嬉しいです!ステキなお言葉をいただきまして、ありがとうございます♪

めぐりん:2014/08/02(土) 23:00 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL