2014’10.01・Wed

DREAMS BY PARN FOURTH PIANO

pdreams001.jpg

 タイの一時的なユニットであるドリームズの、2004年のアルバムです。メンバーはパーン、フォース、ピアノの3人でありますが、まあユニット名通りのドリーム・チームですね…って、フォースとピアノなんて最近は全く名前を聞くことはありませんから、今時は全然ドリームなんて気はしませんけど。まあこの3人が一体どういう経緯でこんなユニットを組む事になったのかは知りませんが、聞く方としては楽しければ何でもOKであります。このメンバーが揃っていて、出来が悪いはずがありませんしね~。それにしても一体いつの間にこんなブツをゲットしていたのか、全く記憶が無いんですけど、おそらくサリガさんがまだタイ音楽の取り扱いをされていた頃に、ひっそりとゲットしていたんだと思います。棚を漁っていたらひょっこり出て来たブツなんですけど、何だか嬉しいな~♪

 中身の方はメンバーを見ても一定以上の品質は保証されたようなモンなんですが、実際に聞いてみるとあまりの安定感と安心感に、タイ音楽であることを忘れてしまいそうになりますね。タイ音楽ってフニャっとしたところが魅力だったりするんですけど、このメンバーでフニャっとするなんてことはあり得ませんので、あまりにしっかりしていて少々物足りなくなってしまったりして。まあ言葉の響きとかメロディ・ラインとか、どっからどう聞いてもタイのポップスであることに間違いは無いんですけど、ここまで安定しなくてもイイんじゃね?な~んて思ったりするワケでございますよ。何にしても見事なタイ・ポップス~ロックって感じでございますわ。

 これを聞いていて、そう言えばフォースとピアノのブツを持っていたっけな~と思って棚を漁ってみると、フォースの2002年盤とピアノが組んでいたバンドTHE SISの2002年盤が出て来ました!うーむ、わっちの棚って何だか色々と出て来ますね~。どっちもこのボログでは取り上げたことがありませんので、もう何年ぶりになるかわかりませんけど、どっちも聞いてみました。イヤイヤ、どっちもステキなタイ・ロックですね~。フォースはしっかりとソリッドなロックでありながら声に乙女な切なさがあって、カッコいいんですけどカワイイんですよね~。萌えますわこれは!宝塚の男役みたいなルックスの、キリッとした美人さんですし♪

こちらがフォース盤
pfourth001.jpg

 一方ピアノは3人組姉妹バンド、ザ・シスをヤッテいるんですが、こちらはキッチリとバンド的一体感を持った連中でありますね。女子バンドですけど甘口な感じはあまり無くて、ハードロックなカッコ良さが前に出て来ますね~。でもタイらしいしっとりした切ない情感も持ち合わせていますし、実に面白い連中だと思います。良いバンドだと思いますが、ブツはコレ1枚しかないとか?

こちらがシス盤
psis001.jpg

 あと、パーンにつきましては現在もトップで活躍し続けるタイ最高の歌手ですから、わっちがどーのこーの言うまでもありません。何にしてもこれだけのメンバーが揃えば素晴らしいモノが出来上がるのは当たり前という、スーバー・グループのお手本みたいな連中であります。入手は難しいでしょうけど、持っていて損は無い良盤かと思いますよ!

あと、試聴が見つかりませんので、試聴の貼り付けは無しでやんす。
スポンサーサイト

Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL