2014’10.06・Mon

PHI NHUNG 「TINH CA QUE HUONG 2」

pphinhung007.jpg

 2000回更新を達成してもランキングはダダ滑り、風邪気味で体調も良くないですし、しばらくボログを休止しようかなどとマジで考えている今日この頃、心が折れそうなころんでございます。そんなワケで今回取り上げますのは、ベトナムの歌手フィ・ニュンの1997年のアルバムであります。パッケージ裏を見ますとアメリカの住所が書いてありますから、フィ・ニュンがまだ在米コミュニティで歌手をヤッテいた頃の作品なんでしょうね~。この人は現在ベトナムに帰郷して地元で歌手活動を続けているんですけど、ベトナムに戻ったのはおそらく2000年代に入ってからだと思われます。詳しい事は全くわかりませんけど。在米の頃の作品とは言え、ジャケ写やブックレットの写真はベトナムの田舎を思わせるモノばかりが使われていますから、在米ベトナム人コミュニティでは(と言うか、在米のコミュニティだからこそ)望郷の念が強烈にあるんでしょうね~。

 凡そアジア人らしくない白人顔をしたフィ・ニュンさんは、ベトナム人と白人とのハーフなんでしょうけど、だからこそベトナムへの望郷の念とかアジア人としてのアイデンティティへの欲求は、誰よりも強かったんでしょうね。それがフィ・ニュンさんの最大の特徴である、「白人顔でありながらコテコテのアジア臭漂う歌い口」という変態的な面白さを生み出した要因なんだと思います…とは以前に書いたネタでございますが、このブツを聞くと改めてそう思った次第でございます。まあ何にしてもキレイな顔してますわ、この人って。ルックスも歌い口も全て含めて、わっちは大好きな歌手ですね~。

 このアルバムはフィ・ニュンさんが何歳頃の作品なのかはわかりませんけど(生年月日不詳なんですよ)、声は多少若々しいとは思いますが、基本的に最近の作品と比べても歌い口にあまり変化は無いような気がします。昔からこの人のコテコテにアジアンな歌は、ほぼ完成の域に達していたのでしょうね~。最近の歌ほどモーラムをイメージさせる部分はまだありませんけど、コテコテアジアンなこの歌はマジ素晴らしいと思います。わっちは誰が何と言おうと(誰も何も言わないけど)、この人の味方でございますよ!好き好きフィ・ニュンさん♪…なんて言ってたら、タイのヤニーナちゃんにシバかれるかもな~。「ころん、お前は私のモノ!他の女にウツツをぬかすでない!」な~んてね(←すいません、猛烈にアホです)。

「だから変な妄想したら撃つと言ってるでしょ!」byヤニーナちゃん
ploy012.jpg

 ここに収録されている曲は、ベトナムの田舎の田園風景を想起させるアジアンな情緒たっぷりのモノばかりでございますが、在米コミュニティではこの手の曲が求められているということなんでしょうね~。一度在米ベトナム人コミュニティに行ってみたいとは思いますが、あまりメリケンには行きたくありませんので(?)、今年はベトナムに行く事に致しました。ベトナムのブツ屋でフィ・ニュンさんのブツを色々とゲットしたいな~と妄想する今日この頃、結果はどうなるかわかりませんけど、入手出来るモノは全てゲットするぞと心に決めたある日の夜なのでやんす。

あと、風邪っぽくてしんどいので、今回は試聴の貼り付けは無しでやんす。
スポンサーサイト

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ランキングって何ですか?
... というか、渡越も近いようで、おカラダおダイジに。

因みにコノ Phi Nhung さん、公式サイトによると 10/ Apr/ '72 生まれのようです。
御年 42の盛り、タイのルークトゥンでも歌えばまた面白いかも知れませんね。

Santa:2014/10/07(火) 21:46 | URL | [編集]

>Santaさん
こんばんは。体調がイマイチのころんでございます。喉が痛いです。熱っぽいです。
フィ・ニュンさんは72年生まれですか。結構年増ですね~。ルークトゥンを歌うことは無いと思いますが、とりあえずワタクシはフィ・ニュンさんのタン・コ集をゲットしたいです。

ころん:2014/10/07(火) 22:11 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL