2014’10.09・Thu

興味津々音楽探求~ANDY PALACIO 「KEIMOUN」

pandypalacio001.jpg

 皆様今晩は。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げますのは、中米のベリーズ共和国の歌手で、「ベリーズの世界遺産」なんて言われることもあるアンディ・パラシオの、1995年のアルバムです。パラシオさんは2008年に48歳の若さで亡くなったそうですね。パラシオさんのお名前は以前から知っていましたけど、お亡くなりだとは知りませんでした。遅ればせながらご冥福をお祈り致します。

 ところでベリーズなんて普段は全く耳にすることが無い国ですけど、この国に住むガリフーナ人と呼ばれる人々のコミュニティで人気のある音楽が「パランダ」と「ブンタ・ロック」なんだそうです。パラシオさんは「ブンタ・ロック」を代表する人らしいですね。わたしはこれまでベリーズの音楽なんて全く聞いたことがありませんので、当然パランダもブンタ・ロックも知らないんですけど、未知の音楽との出会いってやっぱりワクワクしちゃいますよね?興味津々って感じでこのアルバムを聞いてみましたよ!

 ブンタ・ロックはガリフーナ人の伝統的な音楽と、アメリカやカリブ海の音楽とのモダンな融合を目指した音楽のようですが、このアルバムを聞いてみると生命力と躍動感に溢れたとても楽しい音楽だと感じられますね。わたしにはこの音楽のどの辺りがガリフーナ人の伝統的な要素なのかは全くわかりませんけど、色々な音楽がミクスチャーされたこの音楽がとにかく楽しいということはよくわかります。ソカの影響を特に強く受けているらしいのですが、わたしには自らのアフリカン・ルーツに自覚的なハイチのブークマ・エクスペリエンスに共通する部分が多々あると感じられますね~。もちろんR&Bやロックの影響もたくさんあるんだと思いますけど、出て来る音はカリブ海の音楽らしい明るい開放感に溢れていて、本当に素晴らしいと思います!

「ブンタ・ロックって素晴らしいですね!」byめぐりん
phiwaiimegu029_201410051156061c0.jpg

 このアルバムは聞けば聞くほど楽しいんですけど、もしかしたらガリフーナ人の伝統的な音楽を知れば、より面白く聞けるかもしれませんね。調べてみるとガリフーナ・オールスターズなんてグループのCDも出ているようですし、ガリフーナ音楽を知った上でパラシオさんの音楽を聞けば、また違った聞こえ方がしそうな気がしますね~。だからころんさん、ガリフーナ音楽のCDをどこかで見つけて来て下さいね!約束ですよ♪

 以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。下に試聴を貼り付けますので、よかったらお聞き下さいね!それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪


「それでは1曲、賑やかで楽しい曲ですよ!」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL