2014’10.28・Tue

2014年10月ホーチミンの旅~2日目その2

 さて、ホーチミンの旅2日目の第2弾であります。チョロンからバスでベンタインのバス・ターミナルに戻って来たのが11時45分、帰りは30分程かかりましたね~。チョロンのパワーでちょいと疲れてしまったわっち等は、ベンタイン市場の裏側にある日本の旅行会社HISで休憩しようと考え、HISが入っているビルへ行ったところ…無いやんけ!どこをどう探してもHISがありません。こりゃ遺憾な~と思っても、無いものは無いということで。後で調べてみたらドンコイ通りへ移転してたんですけど、そりゃあ探したって無いはずですわ。

 HISが無くてガッカリ状態になり、ここでちょっとテンションを上げようということで、今度はベンタイン市場の裏側の通りにあるベンタイン・オーディオ&ビデオへ!ここは正規盤ばかり置いている超充実のCD屋ですから、一番楽しみにしていた所なんですよね~。ワクワク気分で店に行ってみると…無いぞ?どっからどう見ても店が無いぞ?マジで店が無くなっとる!一番楽しみにしていたのに、大ショックです。まあ無いモノは無いのでグダグダ言ってても仕方ありません。とりあえずはお昼時でしたので、近くにあるナム・ヤオというフエ料理の人気店へ。時間は12時15分。ここではシジミご飯とブンボーフエという牛ダシの麺、そしてビールを1本注文。合計12万8千ドン、640円也。ぶっちゃけ言うと人気店という割には大してうまくなくて、シジミご飯は猛烈に辛いですし、ブンボーフエは薄味でインパクトに欠けていました。2度目は無いですね、ココは。

めっさ辛いシジミご飯
p20141013013.jpg

イマイチインパクトが無いブンボーフエ
p20141013014.jpg

 店を出てベンタイン市場の横の通りにある両替屋で1万円を197万5千ドンへ両替し、すぐ近くにあるトゥッティ・フルッティというフローズン・ヨーグルト屋へ行って、休憩しつつ午後からの動きの作戦を練ることにしました。時間は13時15分。ココのフローズン・ヨーグルトは量り売りで、100グラムが3万5千ドンです。フルーツをちょいトッピングして合計140グラムの4万9千ドン、そしてベトナム・コーヒー1杯3万9千ドン、合計で約440円也。ヨーグルトでナム・ヤオの味をリセット出来てスッキリしましたし、コーヒーも実にうまくてすっかりリフレッシュ出来ました。店を出たのが14時頃。まずはレロイ通りのサイゴン書店へ寄って、それから統一会堂方面のコープマートへ行く事にしました。本来なら国営百貨店のスーパーへ行くはずだったのですが、閉店していた為にコープマートへ行かざるを得ない状態だったんですよね~。

トゥッティ・フルッティのフローズン・ヨーグルトとベトナム・コーヒー。ちょいとピンボケ。
p20141013015.jpg

 というワケでまずはサイゴン書店でブツを物色でございますが、ココは行く度にCD売り場が小さくなって行きますね。今回は店の隅っこにちょっとだけコーナーがあるって感じでしたけど、量は少ないながらも結構掘出物が出て来まして、フィ・ニュンのブツ3枚を含む6枚をゲットすることが出来ました!合計38万6千ドン、約1930円ですね。時間は14時20分。

サイゴン書店
p20141013016.jpg

ゲットしたブツ
p20141013018.jpg

 サイゴン書店ですっかりテンションが上がった単純なわっちは、スーパーでの買い物ををめっさ楽しみにしている嫁さんと歩いてコープマートへ。ただ地図がわかりにくくて結構迷った挙句、15時20分頃にやっとのことで辿り着きましたが、苦労して来た甲斐がありましたね~。ココで化粧品関係とか石鹸、お土産お菓子とかを色々とゲットすることが出来まして、充実の買い物でありました。お値段合計は25万1千ドン、約1255円。色々と買った割には結構安かったです。

コープマート外観
p20141013017.jpg

 コープマート探しでかなり汗だくになって喉が渇いてしまいましたので、16時頃にコープマートを出ると、近くにあるビアホール、ガンマ・ビアへ行きました。時間は16時10分。ココのビールも昨日のホアヴィエンと同じくチェコ・ビールですが、これまためっさうまいんですわ!おつまみはフライド・ポテトとチーズ・フライ。食べ比べの為に昨日のホアヴィエンと同じメニューにしたのですが、料理はホアヴィエンの方が上ですね~。お値段は合計40万5千ドン、約2025円也。

ガンマ・ビア
p20141013019.jpg

うまいビール!
p20141013020.jpg

おつまみ2種
p20141013021.jpg

 で、この時間なんですけど地元のサラリーマン風の連中が多々いるんですよ。一体どんな仕事してるのかな?店のテレビではベトナム対中国のサッカーをヤッテいたのですが、一つ一つのプレーに対する周りの連中の盛り上がりが凄くて、ベトナムが点を決めた時なんかは、みんな大声を上げて大歓声。しかも踊り出すおっさんやら走り回るおっさんやらで、日本じゃ有り得ない位の盛り上がりでしたね~。めっさうるさいんですけど、これはこれで珍しい体験でしたし面白かったですよ♪

 ガンマ・ビアですっかり上機嫌になったわっち等は17時20分頃に店を出て、千鳥足でホテル方面へ戻りながらの街歩きでございます。途中郵便局や大聖堂に寄りつつ百貨店のビンコム・センターへ。時間は18時丁度。ココの地下には2年前にわっちが「ウザイ屋」と名付けたCD屋がありますので、とりあえずはブツを物色に行ったのであります。ところがそのブツ屋は無くなっていて、代わりに立派なPNCという本屋が出来ていました。CDコーナーもそこそこ充実していて、置いてあるのは正規盤ばかり。思わずじっくりと見てしまったのですが、ココで今回の旅で一番欲しいと思っていたレ・マンのブツを発見!しかしお値段は何と24万4千ドン(約1220円)!ベトナムにしては破格の超絶高い値段ですが、欲しいモノは欲しいってことで、他に2枚とカレンダーを選んでゲットでございます。合計46万1千ドン、約2350円でした。ちなみに時間は18時21分でありました。

PNC
p20141013022.jpg

ゲットしたブツ
p20141013023.jpg

 その後ビンコムのパン屋でその日の締めパン3個を8万5千ドンでゲットしてからホテル方面へ戻り、ホテル横のコンビニ、サークルKに寄ってカップラーメンやビール、コーヒー、水をゲット。合計4万9千ドン也。ところがコンビニ袋の強度が猛烈に弱くて、袋を持ち上げた途端に底が破れて商品が床に落ちてしまった!ビールの缶がベコベコにヘコんでしまいましたので、これだけは取り替えてもらいました。他の店もそうなんですけど、店で商品をビニール袋に入れてくれるのはイイんですが、手触りがガサガサの材質で、ちょっとでも切れ目とかが入るとそこからスパッと一気に破れてしまうタイプの袋ですので、重いモノを入れる時は気をつけないといけないんですよね~。薄くても破れない日本の袋って、やっぱり凄いのかも?

ビンコムのパン屋でゲットしたパン
p20141013024.jpg

 ホテルに戻ったのは19時頃。部屋でラーメンやらパンやらで軽く宴会をして、その後は翌日に備えてさっさと寝る事にしました。また朝から動き回らないといけないですしね~。

というワケで、ホーチミンの旅の2日目はこれでおしまいでございます。
スポンサーサイト

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL