2014’11.21・Fri

BICH PHUONG 「CHI LA EM GIAU DI」

pbichphuong001.jpg

 ベトナムの歌手ビク・フォンの、昨年発売のデビュー・アルバムです。ドンコイ通り脇道のタイン・ニャンという店でゲット致しました。このタイン・ニャンという店はカチューとかクアンホなんかの珍しい盤や、在米ベトナム歌手の正規盤だか海賊盤だかわからない盤を多々置いているのですが、そんな中であまりに場違いな感じで佇んでいたのがこのブツであります。元AKB48の板野友美に似た顔の水商売系女子のジャケのブツが、アオザイを来たオバハンとか伝統服のおっさんとかのジャケに紛れていたら、めっさ場違いでやんしょ?ビク・フォンちゃんが「助けて~!」と言っているのが聞こえましたので、当然の如く救出して来た次第でございます…本当はただのジャケ買いです。

 このビク・フォンちゃんですが、1989年生まれの今年25歳で、4年前にベトナムのアイドル・コンテストに入賞した事があるらしいです。シングルを何枚か出した後の満を持してのデビュー・アルバムということになるようですが、じっくりと育てられたのかどうかは知りませんけど、この盤は見事な仕上がりになっているんですよね~。まずはジャケが目を惹くワケでございますが、インナーにもビク・フォンちゃんの写真が満載でございまして、これだけのルックスのベトナムの歌手はなかなか珍しいかも?美人でスタイルも良くてしかも巨乳!となれば、それだけで聞きたくなる御仁も多いのではないかと思います。これはジャケ買い推奨品でございますよ~♪まあ、ちょっとケバいですけど。

 そして素晴らしいのはルックスだけではなくて、中身の方も同様でございます。ルックスの割には(?)低くて落ち着いた歌声なのですが、ベトナム的なドロドロ情念の世界になってしまいそうな曲を、アジアらしいしっとりと濡れた情緒の見事な歌に変えてしまうんですよね~。うーむ、これだけのルックスの美人さんがこれだけの見事な力量の歌を聞かせてくれるワケですから、日本でも少しは評判になって欲しいと思うのですが、相変わらずベトナム・ポップスについては誰も取り上げてくれませんので、とりあえずわっちが一人で騒ぐ事に致します。ビク・フォンちゃんはめっさ素晴らしいぞー…って、誰も見向きもしてくれないのはわかってるんですけどね~。

 とは言えこういう素晴らしい歌手が、日本のワールド・ミュージッカー諸氏に全然知られないままというのは実に勿体無い話であります。音楽的には今時のベトナム・ポップスながらも、しっとりとしたベトナム情緒溢れるバラード系の曲が揃っていて、アジア歌謡とか日本の歌謡曲好きにはたまらんのではないかと思います。それに、具体的に名前を出すもは悪いんですけど、日本のワールド・ミュージッカー諸氏の間で評判のレ・クエンなんかよりも、ビク・フォンちゃんの方がルックスも歌のレベルも遥かに上だと思いますので、何とかわっち以外の方にもお聞きいただけたらと思う今日この頃なのでやんす。まあ、ブツがなかなか手に入らないという問題はあるかと思いますが…。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、しっとり美しいですね~。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL