2014’12.03・Wed

PHUONG THANH 「NGUOI DAN BA LUC NUA DEM」

pphuongthanh021.jpg

 わっちの大好きなベトナムの歌手フォン・タインの、多分昨年発売のブツなのではないかと思います。何だか久し振りの新作という気がしますけど、前作はいつ出たんでしたっけ?まあそれはイイとして、先日のホーチミンの旅でゲットして来たこのブツ、実にフォン・タインらしい仕上がりになっていまして、聞いててとても嬉しくなってしまいましたね~♪

 フォン・タインって基本的には喉が潰れそうな歌い方をする絶唱タイプの人だとわっちは認識しておりますが、ここ何作かはそんなフォン・タインらしさを封印して、しっとりしたアコースティックなブツを出してみたり、はたまたファン仰天の民歌アルバムを出してみたりと、もう絶唱路線はやめたのかな~なんて思っておりました。しかしそんな折に出て来ましたよこのアルバムが!久し振りに絶唱全開のフォン・タインが帰って来まして、以前からのファンは感涙モノ…かどうかは知りませんけど、少なくともわっちは「やっぱりフォン・タインはこうじゃなくっちゃな~♪」って気がしますね。「こうあって欲しい」というフォン・タインが戻って来てくれて、わっちはとても嬉しいでやんす!

 この全開の絶唱を生かす音楽はアコースティック作品でも民歌でもなく、お得意のロック歌謡であることは言うまでもありません。音楽的にはベトナムっぽさが薄いんですけど、そんなことは関係ありません。このフォン・タイン節を聞ければそれでイイんです!喉を潰しそうな歌い方で、噛み付くような迫力のある歌を聞かせてくれれば、それだけでわっちはシビレてしまうのでやんすよ。まあ本来わっちはこの手の絶唱は得意ではないんですけど、フォン・タインだけは特別でありまして、ド迫力の絶唱の中にも愛嬌が感じられますし、押し付けがましさが全然感じられないので、わっちは大好きなんですよね~。

 そしてもう一つ、別にどうでもいいことではあるのですが、わっちはこの人のルックスが好きなんですよ。決して美人というワケではありませんし、スタイルが良いとか巨乳とかいうワケでもありませんけど(多分結構な巨乳ですが)、何だか妙にわっちを惹き付けるモノがあるんですよね。このジャケでも見られるような、厚化粧でムスっとした不機嫌な顔の写真が多い人なんですけど、絶唱タイプの情念歌手というイメージがありますから、その辺は仕方ないかと思います。ただ、わっちは何故だかこの人のルックスに親しみ易さを感じてしまいまして、フォン・タインって絶対にイイ人だと思っているのでやんす。だって笑顔がめっさカワイイんですもん。

 まあルックスの事は別にどうでもイイんですけど、このブツは本当にフォン・タインらしい仕上がりになっている素晴らしい作品だと思います。お得意の絶唱全開ではありますが、そこはベテラン歌手ですから押しも引きも十分に心得ていて、トータルでしっかりとバランスを取っていますので、決して重苦しい作品にはなっておりません。歌謡曲好きであれば、「嗚呼、久し振りにステキな歌謡曲を聞いたな~」と思えるようなブツだと思います。何にしてもわっちは大満足の一枚でやんす!

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、喉潰しそうな歌唱でございますね。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL