2015’01.15・Thu

もっと音楽聞きたいな!~ETHNIC MINORITY MUSIC OF SOUTHERN CHINA

pethnicminoritymusicchina002.jpg

 みなさんこんばんは!裸のロリーズのアイリです。今回の「もっと音楽聞きたいな!」だけど、アメリカの変なレーベル、サブライム・フリークエンシーズから出てる中国少数民族の音楽を収録したシリーズの1枚だよ。多分2012年とか2013年ぐらいの盤かな?前回は新疆ウィグル自治区の音楽の盤を取り上げたけど、今回は雲南省とかの中国南部の少数民族の音楽が収録された盤になってるよ。ハッキリ言ってアイリは中国少数民族の音楽って全然知らなくて、ウィグル自治区の音楽と雲南省の音楽の違いもよくわかんないんだけど、さてさて、一体どんな感じの音楽なのか、とっても楽しみに聞いてみたよ!

 聞いてすぐに気付くのは、前回のウィグル自治区の音楽は弦楽器の弾き語りみたいなシンプルなのが多かったけど、今回のは女性達の歌っていうか、合唱が中心になってることかな?もちろん男性達も歌ってるんだけど、中心はやっぱり女性達の歌なんだよね~。伝統的に女性が強い地域なのかしら?そして弦楽器はあくまで歌の伴奏に過ぎないって感じかな?その辺がウィグル自治区の音楽との大きな違いなのかな~って思うけど、本当はどうなのかは知らないよ~♪とか思ってたら仏教徒のドラム・アンサンブルなんて、頭がクラクラして来ちゃうようなゴングの音がグワングワン鳴ってる音楽も出て来るし、何が何だかよくわかんないな~。とは言っても、やっぱり中心になってるのは女性達の歌声だけどね~。

「女性の歌声が中心かな?」byアイリ
pairi017_2015010418091142e.jpg

 ところでアイリはオーディオ的な音の良さとかは全然わかんないんだけど、歌っている人達の息遣いまで聞こえて来るようなこの盤の音って、とてもイイ音で録音出来てると思うんだけど、どうかな?生々しさがシッカリと伝わって来るこの盤の音って、アイリはとってもイイと思うな~。人の歌声だけとか歌とシンプルな伴奏だけの曲ばっかりだから、こういう音で聞けるのはありがたいことだよね?バックで車が走ってる音とかニワトリの鳴き声まで入ってたりするけど、現地で民俗音楽を録音しましたって感じなのがいいな~って思うアイリなのです。まるでアイリも現地に行ってるような感覚になっちゃったりして、幻覚旅行にトリップって感じかな?

 この盤ってどっからどう聞いても民俗音楽なので、人によっては面白味も何も感じられないかもしれないけど、中国南部の少数民族の音楽にアジア地域に共通する切なさとかの情緒がシッカリとあるってことに、アイリは何だか感動しちゃうのです。やっぱりアジア地域って、奥底の方でアジア的な情緒の赤い糸で結ばれてるのかな~って気がして。たまにはこういう音楽をジックリ聞くのもイイな~としみじみ思った、アイリでした~!

 以上、「もっと音楽聞きたいな!」でした。下に試聴を貼り付けるので、よかったら聞いてみてね!お送りしたのは、ワールド系音楽愛好男子のアイドルになりたい裸のロリーズのアイリでした!みなさん、アイリにもっと音楽教えてね♪


「それじゃあ、こんな感じってことで雰囲気をわかってもらえたら。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL