2015’03.15・Sun

激しくどうでもいい話~まだまだ続くオーディオの話

 部屋の大整理に伴ってオーディオ機器の見直しをしているというのは前から申し上げている通りでございますが、安い値段で自分が納得出来る音が出るモノをゲットしたいなどと、ムシのイイことを考えている今日この頃、一体何を買えば良いのかさっぱりわかりません。とりあえずはプロケーブルさんに従おうかと思いまして、同社が推しておられる重鉄タップと小型アンプをゲットしてみましたよ!

 まずは重鉄タップですが、使うと音が激変するとかいう話ですので、モノは試しということでゲットしてみた次第でございます。で、この重鉄タップを壁コンセントに突っ込んで、アンプの電源を重鉄タップに繋ぎました。そして当然スキャンダルの「HELLO WORLD」を再生してみたところ…ケーブルを取り換えた時よりも更に低音がドンと出て来て音圧がかなり増し、各楽器の音の分離がよりハッキリして来ました。何だかモヤが晴れたようなイメージもありまして、結構音が変わりましたね~。理屈はよくわからないのですが、多分この重鉄タップというモノは水道で言えば浄水器みたいなモノで、電線を通って来た汚れた電気を浄化してキレイな電気にしているんだと思います。だからオーディオ機器の本来の力を出しやすくしているんじゃないかな~って。

重鉄タップ
pstereo007.jpg
pstereo008.jpg

 小型アンプの方ですが、これは本当に小さいですね~。上にCDケースを置けばスッポリと隠れてしまう位です。それでいてパワーは60W X 60Wですから、これまで使って来たパイオニアのミニコンポ・アンプよりもあります。で、コレを使って当然スキャンダルの「HELLO WORLD」を再生してみますと、一枚薄皮が剥けたような感じがしてちょいとクリアな音になったように感じられます。また、低音も増して来て音のバランスが良くなったかと思います。これまで高域がキツかったのも和らぎました。まあ大幅な音質改善とは言いませんが、聞きやすくはなりましたね~。ただ、スイッチを入れた時にスピーカーから「ボッ」と音がするのと、ボリュームを9時の位置あたりまで上げないと音がちゃんと出て来ないのがちょっとな~って感じですね。わっちは基本的に小音量でしか聞きかないのですが、9時の位置あたりをちょっと過ぎるとすぐに結構な音量が出て来ますので、気をつけねばならないです。音量の微調整はちょっと苦手なアンプかもしれません。

小型アンプ
pstereo009.jpg

マジ小さい
pstereo010.jpg

 あとはスピーカーとDVDプレーヤーをどうするかですが、とりあえずはこのシステムで暫くイッテみようと思います。前から試行錯誤しているスピーカーのセッティングはまだまだ上手くイッテませんし、セッティング次第で音が全然違って来るのは間違いありませんので、ここは買い換えたいのをグッとこらえて、スピーカーのセッティングを更に突き詰めて行こうかと思っている次第でございます。というワケで、プロケーブルさんがおっしゃる「音の結界」理論を取り入れた「なんちゃって結界」を作り出してみようと、今後も試行錯誤を続けて行こうと思っております~♪

なんちゃって結界模索中
pstereo011.jpg
pstereo012.jpg
スポンサーサイト

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL