2015’03.24・Tue

シシド・カフカ 「MUSIC」

pshishidokafka001.jpg

 別にどうでもイイんですけど、シシド・カフカってご存知ですか?アルゼンチンかどっかからの帰国子女らしく、ドラムを叩きながら歌うミュージシャン兼女優兼モデル女子らしいです。この人のことは前から顔と名前は知ってるんですけど、沢尻エリカ主演のドラマ「ファースト・クラス」の第2弾で初めて動く姿を見ました。ドラマでは菜々緒(漢字合ってる?)と姉妹役で出ていたのですが、菜々緒との掛け合い漫才(に見えるんですよ)がめっさ面白く、また殆ど時代錯誤の時代劇セリフを言うキャラがハマり役で、わっちは一発でファンになってしまったのでやんす。

 先日のことですが、スキャンダルのシングルを探す為にブックオフに行った時に、シングル・コーナーに「シシド・カフカ」なんて名前を見つけて、ついついこのブツをゲットしてしまいました。2013年に発売されたオマケDVD付き2枚組で、200円也~。ジャケは何だか木村カエラっぽくも見えますが、わっちはカエラさんよりカフカさんの方がずっと美人だと思います…って、まあ好みの問題ではありますが。で、ドラマで愉快なキャラを演じていたカフカさんが、一体どんな音楽をヤッテいるのか非常に気になったのでゲットしたのですが、これはこれは、なかなかカッコいいではないですか。

 基本はギター、ベース、ドラムの3ピースのロック・バンド形態でありまして、カフカさんはドラムを叩きまくりつつ歌を歌っているワケでございます。うーむ、昔はドラムも叩いて歌も歌うわなんて女子は森高千里ぐらいしかいなかったと思いますが、最近は女子ロックバンド・ブームなこともあって、ガチャリック・スピンのはなとか、AKB48の柏木ゆきりんとか(?)、ボチボチと出て来ましたよね~。カフカさんもそんな流れに乗った…のかどうかは知りませんが、なかなかに力強いビートを叩き出しながら、かなりパンクでハードな歌を聞かせてくれるのでありました。この手の歌手ってどうしても椎名林檎の影がチラつくのですが、カフカさんの場合はもっと正統派のロック・ミュージシャンという趣がありまして、わっちには好感度高いです(わっちは椎名林檎ってあんまり好きじゃないのでやんす)。

 こうなって来ると、アルバムも既に出ていますので、是非聞いてみたくなって来ましたね~。ただ、一つ不満を挙げるとすれば、この手のミュージシャンって自分で作詞作曲することが多いと思うのですが、カフカさんはこのシングルでは作詞だけで、作曲はしていないんですよね~。まあアルバムではどうなのか知りませんけど、出来れば今後は作詞も作曲も自分でヤッテ、ヤリたい放題奔放に暴れ回って欲しいと思いますね~。あと、ドラマで見せた菜々緒との掛け合い漫才みたいなユーモア感覚がもっと出てくれば、もっともっと面白くなるんじゃないかな~と思います。とりあえずは早くアルバムを聞いてみないといけませんね~。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「短いバージョンしかありませんでしたが。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL