2015’04.08・Wed

SCANDAL 「会わないつもりの、元気でね」

pscandal012.jpg

 我が最愛のロックバンド、スキャンダルの2013年発売のシングルであります。5枚目のアルバム「STANDARD」に収録されている曲ですね。カップリングはアルバム未収録の「24時間プラスの夜明け前」であります。どちらも作詞作曲にはメンバーは関わっていなくて、外部の作者から提供された楽曲であります。しかし「会わないつもりの…」はスキャンダルを代表する曲になっていますし、ポップで可愛くて切なくて、わっちも大好きな曲であります。カップリングは初めて聞く曲なんですけど、昔のGS風のロックでありまして、マミたんのガレージなギターがめっさカッコいい、なかなかにテンションが上がる曲でございますよ!

 で、このブツなんですが、オマケのDVDが付いているんですけど、こちらが「会わないつもりの、元気でね」の教則ビデオになっております。メンバーが一人ずつ自分が担当するパートの奏法を解説して実際に弾いてみせるんですけど、コレはファンには嬉しいプレゼントですよね~。別にコレを見たからといってこの曲を演奏出来るようになるワケではないんですけど、実際に演奏しているメンバー達が奏法の解説をしてくれるのですから、思わず食い入るように見てしまいますね~。映像はハルナ様、わっちのマミたん、トモちん、リナりんの順番に収録されていますが、やっぱりわっちの目はマミたんに釘付けになってしまいます!オクターヴ奏法だのカッティングだのアルペジオだの色々と解説しているのですが、わっちとしましてはマミたんが動いて喋っているというだけで、めっさ嬉しいんでやんす♪

 もちろんハルナ様もトモちんもリナりんもそれぞれに見所があって、とってもカワイイですよ!特に天然キャラのトモちんが、やたらと「あの~」という言葉を連発して緊張した面持ちを見せながら解説している姿は、多くのファンを萌えさせるのではないかと思います。わっちも思わず抱き締めてしまいたくなりました!ハルナ様は相変わらずのカッコ良さですし、リナりんはトモちんとはまた違った萌えキャラを見せてくれますので、メンバーそれぞれの特徴が良く出た教則DVDになっていると思います。ファンなら持っていて損は無いと言いますか、と言うよりも、必携のブツかと思います。

 それにしてもスキャンダルって、やっぱりステキなバンドですよね~。こんな教則DVDを見てしまったら、何だかギターを弾きたくなって来たぞ?とりあえずわっちはアコギを2本、エレキを1本持っているのでありますが、こんなのはさっさと全部売り払って、フェンダーから出ているマミたんシグネチャー・モデルのギターを買おうかな~、なんて考えてしまったりして。まあわっちは左利きですので、多分マミたんモデルは左用なんて無いんだと思いますけど、右利き用のマミたんモデルの弦を張り替えて左で使おうかな~と思ったり思わなかったり。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「実に爽快なハードロックですね~。ココでマミたんが弾いているのが、マミたんモデルのギターですね。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL