2015’05.23・Sat

SCANDAL 「夜明けの流星群」

pscandal015.jpg

 我が最愛のロックバンド、スキャンダルの昨年発売のシングルであります。前にこのシングルは取り上げましたけど、実はこのシングルは4タイプありまして、CDのみの通常盤、DVD付きのAタイプとBタイプ、そしてポケモンタイプになります。以前取り上げたのはDVD付きのAタイプであります。で、地道にブックオフとかを探し回って、この度全て揃える事が出来た次第でございます!嬉しい~♪ポケモン以外はどれもジャケがとても楽しいんですけど、わっちが一番好きなのはDVD付きBタイプですね~。

上がBタイプ、コチラが前に取り上げたAタイプ
pscandal009_20150523221149109.jpg

コチラはCDのみの通常盤
pscandal016.jpg

 シングル曲の内容につきましては前にも申しました通り、最早何も言う事は無い位に素晴らしいです。あ、ポケモンタイプだけはカップリングが他のタイプとは違って、「ポケモン言えるかな?」という曲が収録されていますが、スキャンダルらしいユーモア感覚がたっぷりの面白い仕上がりになっていると思います。まあカップリングがステキなのは当然なんですけど、わっちみたいなスキャンダル病の人間には、やっぱりDVDが嬉しいんですよ。前に取り上げましたAタイプは、メンバー達のツアー中のオフショットが満載でありましたが、今回入手しましたBタイプは「曲作り編」ということで、カップリングの「YOUR SONG」という曲の制作過程のドキュメントになっております。ここではおちゃらけていないメンバー達の表情を見ることが出来まして、なかなかに貴重な映像だと思いますね~。

コチラがポケモンタイプ
pscandal017.jpg

 とりあえずは末娘のリナりんが、わかるようなわからないような抽象的な発言を多々している印象が強いんですけど、このDVDを見る限りではメロディやリフ作りの中心になっているのがわっちのマミたんで、歌詞のアイデアの断片を思いつくままに言葉に出すのがリナりんって感じですね。トモちんはそれを聞きながらあーだこーだと喋っていて、ハルナ様は殆ど口を開かない状態です。とりあえず「YOUR SONG」という曲に関しては、わっちのマミたんとリナりんが曲作りの中心にいるように見えますね~。

 このBタイプの映像の中でわっちの一番印象に残っているシーンは、歌詞のアイデアが行き詰まりそうになっている時に、ハルナ様が「(歌詞をまとめる人を)決めた方がいいと思う」と言って、続けて「トモが面白いんじゃないかなって思う」と言った時の、トモちんの表情ですね。「えーっ、あたし?」って絶句したかのような表情をしたトモちんが、もうめっちゃくちゃにカワイイんですよ!思わず「うおーっ、トモちーん!」と飛びついてハグしたく…トモちんに手を出すと、ある方からクレームが来ることが予想されますので、これ以上は言いません。わっちのマミたんからも回し蹴りを喰らいますし。しかし、行き詰まりそうになったタイミングで「奇跡のハッピーガール」トモちんを指名するハルナ様、流石です。

 まあ何にしても「YOUR SONG」という曲がスンナリ出来たワケではないということがよくわかる内容になっていると思いますし、聞くだけなら3~4分で終わってしまう曲ではありますが、作り出すにはその何十倍も何百倍も時間が掛かっていることがよくわかりまして、これまでよりも更にこの曲が好きになりましたね~。とても良い内容のDVDだと思います~♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それでは1曲、『YOUR SONG』をどうぞ。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
いいなぁ。全種揃ったんですね。これほんといいジャケですよねぇ。私はまだDVD付きだけです。あとは通常盤だけと思ってたんですけど、ポケモン盤には「ポケモン言えるかな?」なんて曲が収録されていたとは。これも必携ですね。

歌詞作りでそれまで黙ってたハルナがトモミを指名するところは、さすがハル姉!やっぱりリーダーなんだなぁと感心しました。

Astral:2015/05/24(日) 20:56 | URL | [編集]

>Astralさん
こんばんは。
やっと全種類揃えることが出来ました。Bタイプだけはなかなか見つからなくて、先日の関西旅行でゲット出来たのはラッキーでした。ファンなら4種類全部揃えて損は無いかと思いますよ!

ハルナ様がトモちんを指名する場面ですが、マミたんやリナりんにはトモちんを指名するなんて出来ないでしょうし、その辺の決断力・判断力は流石に長女だな~って感じですね。トモちんもハルナ様の指名だから、渋々でも「じゃあ…」と引き受けたのでしょう。おかげであの素晴らしい曲が出来上がったワケですから、ハルナ様の判断はやはり正解だったのでしょうね~。

ころん:2015/05/24(日) 22:17 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL