2015’06.04・Thu

PHUONG THUY 「DANG XUA」

pphuongthuy001.jpg

 ベトナムの歌手フォン・トゥイの、2013年か2014年あたりに発売されたアルバムです。これで2枚目だそうですが、1枚目がどんなブツだったのかは全く知りません。そもそも初めて聞く歌手ですし。このブツは先日の関西の旅でプランテーションにてゲットしたのですが、流石に色々なブツが取り揃えてあるのが素晴らしいですね~。ベトナム盤を買うならベトナムに行くか、それともプランテーションに行くかのどっちかですね。これはワールドミュージッカーの常識です(?)。

 で、フォン・トゥイさんのアルバムなんですけど、コレが素晴らしいんですよ!まずはこのちょっと眠たそうな表情のジャケがイイ!裏の楽器を持った写真もイイ(楽器の名前忘れた)!まずはルックスから入るわっちのようなケーハクな音楽ファンには、イイ顔をしたジャケというのは大事なのでやんす。ジャケ買い王子(自称)の面目躍如也~。ジャケからしてホンワカした雰囲気が漂って来る人なのでありますが、歌声がこれまたホンワカした感じで(ベトナムにしては、ですが)実にリラックス出来るんですよね~。ベトナム歌謡ってドスの効いた情念ドロドロ系の低い声とか、高い声を思いっ切り張り上げるようなタイプとかがよくいますけど、フォン・トゥイさんは全てにおいてバランスが取れた、優しい柔らか~い声をしてるんですよね~。高くも低くも無い思わず聞き惚れてしまうステキ声♪

 ところで、別にこんなことをわざわざ書く必要は全く無いんですけど、でも書かせてもらおうかな~。ベトナムの歌手でここ数年非常に評価が高いレ・クエンという人がいますよね。手放しで大絶賛している方もおられるようですが、アレって一体どこがイイの?わっちはあんな重苦しくて硬い歌い口の歌手は全然好きじゃなくて、非常に評価の高い新作もプランテーションで試聴させていただいたのですが、相変わらずのイケてない歌で、やっぱり聞いてられませんでした。このフォン・トゥイさんを聞くと、レ・クエンという歌手に何が足りないのかがよくわかる…って、別にレ・クエンのファンの方々に喧嘩を売っているワケではありませんけど。ただ、フォン・トゥイさんのバランスの取れた歌い口を聞いていると、レ・クエン「ごとき」の評価ばかりが高くてフォン・トゥイさんが全く評判になっていないのはおかしいのではないかと…。

 という話は置いといてこのアルバムですが、音楽的には民歌系のポップスであります。民俗楽器もシンセなんかの音も実にバランス良く配してありまして、バランスの取れたフォン・トゥイさんの歌唱との相性も抜群!ただただウットリと浸ることが出来る美しい作品でありまして、癒し系民歌アルバムとしては最高峰と言ってもよろしいのではないかと感じられます。イヤイヤ、マジで素晴らしい作品ですよコレは。レ・クエン「ごとき」でベトナム歌謡の真髄を体験したと思っている方にこそ聞いていただきたい、ベトナム歌謡の素晴らしさを感じられる一枚でございます…って、別にレ・クエンのファンの方々に喧嘩を売っているワケではございませんよ~♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、歌が右からしか聞えて来ませんけど。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL