2008’08.07・Thu

ACEL VAN OMMEN 「SILVER LINING」

gacel001.jpg

 プランテーションの店長さんにお薦めいただいたブツで、フィリピンのシンガーソングライター、エセル・ヴァン・オメンの08年のアルバムです。少々CDを収納しにくい構造になっている紙ジャケ仕様であります。ジャケはなかなかに可愛らしく見えるのですが、この人、どこかで見た顔だな~というか、見覚えがある顔であります。「はて、誰だったかな?」と考えてみて、ふと思い出しました。


 このエセルさんですが、前に一度取り上げたことがあるフィリピンのロック・バンド、ムーンスター88のヴォーカルの人です。ムーンスター88は軽快なポップ・ロックを演奏する可愛らしいバンドで、とても好きだったんですよね~。しかし最新作では突然ヴォーカルが別の女性になっていたので、抜けたエセルは一体どうしてしまったのだろう?と思っていましたが、こうやってソロ・アルバムを作っていたわけですね。おそらく、グループでは自分のやりたいことができなかったのでしょう。


 というのも、ムーンスター88の最新作はそれまでのポップ・ロック路線からややヘヴィなロックに転換しつつある作品になっていましたが、このエセルのソロはアコースティックな楽器の響きを生かしたギター・ポップ路線になっているからであります。おそらくグループの方向性と自分の方向性の違いを感じたのでしょうね。エセルの歌声はちょっと子供っぽい感じの、爽やかで可愛らしい歌声ですので、この声にはギター・ポップ路線の方が合っていると思います。この人、自分の声のことをよくわかっていて、その上でソロに転向したのではないでしょうか。


 それにしても、このアルバムを聞くと思い浮かぶのが、バービー・アルマルビスであります。天性の閃きを感じさせるポップなメロディ、アコースティック・ギターの音を生かした朝の太陽の光を思わせるようなキラキラとした音の響き、ちょっと舌足らずな感じの可愛らしい歌声、バービーを思い出させる要素が多々あるのですが、単なるバービー・フォロワーという感じではありません。それどころか、バービーに引けを取らない位に抜群のポップ・センスを感じさせてくれます。うーむ、この人、こんなに素晴らしい才能を持っていたんですね。知りませんでした。能ある鷹は爪を隠すと言いますが、能ある鷹が爪を出した作品ですね~。


 このブツ、アジアン・ポップ好きだけでなく、ネオアコとか渋谷系とかがお好きな方にもお薦め致します(くりんさん、お薦めですよ!)。その辺がお好きな方のツボを突いてくるアルバムなのではないかと思います。機会があれば是非!


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト

Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(3) TOP

Next |  Back
まずは美しいアコースティック・ナンバー、「PAKIUSAP」です。
http://jp.youtube.com/watch?v=A5LwhAst3jI&feature=related


これまた美しい曲、「SA NGALAN NG PAG-IBIG」です。
http://jp.youtube.com/watch?v=8rimQrqzOEg

ころん:2008/08/07(木) 21:29 | URL | [編集]

あわわ。レコメン読んでいる途中からヨダレが垂れてきました(笑)。悲しいかな自宅PCは音が聞けなくて(エラーになってしまうんです)視聴はできませんが、文章読むだけで期待は高鳴ります。メッチャ良さそうですね。
先日、夏休みに大阪へ旅行に行くかも、と書き込みましたが、大阪を飛び越えて東京へ行く可能性大になりました。東京だったらお店も一杯ありそうだし、ころんさんお勧めのブツも沢山仕入れる事ができるかな、と思う今日この頃です。お店をチェックしているのですが、エルスールってお店には色々とありそうですね。こちらも期待は高鳴ります。

くりん:2008/08/08(金) 13:42 | URL | [編集]

>くりんさん
試聴ができないとは何と残念な!試聴できたら、もっとヨダレが出るかもしれませんよ。
夏休みは東京ですか。東京は全然知りませんが、ブツはたくさんあるんでしょうね。エルスールはワールド・ミュージック好きの聖地ですね~。私は一度も行ったことがありませんが。
色々と良いブツをゲットされることを祈っております。

ころん:2008/08/08(金) 18:27 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL