2015’06.20・Sat

もっと音楽聞きたいな!~呉淑萍(小萍萍) 「今夜的風吹得好冷」

pシャオピンピン002

 みなさんこんばんは!裸のロリーズのアイリです。今回の「もっと音楽聞きたいな!」だけど、前回に引き続いてシャオピンピンさんのアルバムを取り上げるね!今回は1996年のアルバムだけど、ピンピンさんハタチの春(?)の時の作品だね。あ、呉淑萍って名前だけど、これはピンピンさんの本名です。多分ウーシューピンみたいな読み方になるんじゃないかな~。ウーシューピンが何故シャオピンピンって呼ばれるのかは知らないけど、親しみを込めた愛称みたいなモノなんだろうね。でもこのアルバムではあえて本名を出して来たワケだから、シャオピンピンじゃなくて一人の大人の女性歌手として扱って欲しいって気持ちがあったんじゃないかな~?

 それはこの盤の音楽にも良く表れてて、これまではノリが良くて親しみやすい田舎演歌みたいな曲を歌っていたのに、ここでは香港ポップスとか台湾ポップスなんかと区別するのが難しい、都会的にスッキリと洗練された曲を歌ってるんだよね~。まあ元々実力のある人だからこの手の曲を歌っても全然違和感は無いしめっちゃ上手いんだけど、あのノリノリで楽しいピンピンさんを知っていると、この変化には思わず「あれっ?」って気持ちになっちゃうかもね~。「わたしの親しみやすくてカワイイピンピンちゃんは何処に行っちゃったの?」って感じで。アイリもそんな気持ちになっちゃったもん。ホントに、丸っきり別人になっちゃったって気がしちゃう。

 この盤はころんさんが先日関西に行った時にプランテーションで買って来てくれたんだけど、どうして福建ポップスっぽさが無いこのアルバムを買ったの?って聞いたら、「イメージがガラっと変わったピンピンさんを聞いてみるのもイイでやんしょ?」だって。まあ確かにそうなんだけど、昨日聞いたばっかりの17歳のピンピンさんのイメージが、今日になっていきなり引っ繰り返されると、何だか戸惑っちゃうわね~。ルックス的にも、あの可愛かったピンピンちゃんがすっかりと大人の女になっちゃってるし、まさに激変だわ。まあどっちもピンピンさん本人に間違いは無いから、事実として受け止めなきゃいけないんだけどね~。

「事実として受け止めるね。」byアイリ
pairi007.jpg

 ぶっちゃけ言うと、アイリは田舎っぽい演歌を歌っていた十代のピンピンさんの方が好きだな~。ハタチのピンピンさんは何だか無理して背伸びしてるみたいな感じで、そんなにしてまでこれまでのイメージを変える必要なんてないんじゃない?って思っちゃうんだよね。実際にピンピンさんがどんな考えだったのかはわからないけど、やっぱりコレはピンピンさんらしくないな~なんて思うアイリなのでした。

 以上、「もっと音楽聞きたいな!」でした。今回は試聴が見つからなかったので、試聴の貼り付けは無しね。お送りしたのは、ワールド系音楽愛好男子のアイドルになりたい裸のロリーズのアイリでした!みなさん、アイリにもっと音楽教えてね♪
スポンサーサイト

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL