2015’06.27・Sat

ALDIOUS 「OTHER WORLD」

paldious001.jpg

 嬢メタルを代表するバンドと言われているアルディアスの、昨年発売のシングルであります。ブックオフのシングルコーナーでスキャンダルのブツを探している時に、たまたま見つけたブツでございます。200円也~。この連中の名前とルックスは前から知っていたのですが、最近初めて見たYOUTUBEの映像では、お人形さんみたいなド派手なドレスを着て物凄くまつ毛を盛りまくったお笑いバンドにしか見えず、大いに笑わせてもらったものでありますが、どうやら本人達は大真面目にこういうコスプレをヤッテいるようですね~。その恥知らずな…じゃなくて図太い神経…これも違うな、え~、何物にも動じないストイックな姿勢がステキなバンドだと思ったり思わなかったり?

 この連中、嬢メタルの代表格と言われるだけのことはあって、ヤッテる音楽は当然ヘヴィメタであります。ところで本格的にヘヴィメタをヤッテいるおっさんに聞いたことがあるのですが、ヘヴィメタとは様式美であって、様式をしっかりと守って曲を構成することが極めて大事なんだそうです。言ってみれば演歌なんかとあまり変わらない世界なのかな~って感じなんですけど、要はヘヴィメタって「形の芸能」ってことですよね?楽器のテクニックをひけらかしながらいかに形の中で表現するかを考えているヘヴィメタの人達って、めっさ真面目でお堅い方が多いんじゃないかと思います。あ、ヘヴィメタって真面目でお堅い人がヤル真面目な音楽だから、テキトーで不真面目なわっちとは相性が悪いんだ!そっかそっか、今初めて気が付きました。

 そうなって来ると、当然アルディアスとわっちの相性は悪いはずなんですけど、何故だかそうでもないんですよ、これが。最初はそのルックスから「何じゃこりゃ?」ってなるんですけど、着飾った女子達がヘッドバンキングをしながら形の芸能をヤッテる姿が、段々カワイイと感じられるようになって来たんですよね~。まあ大真面目にヤッテいる本人達に「カワイイ」なんて言うとブン殴られるのかもしれませんけど、だってカワイイんだから仕方ありません。特にまつ毛モリモリのヴォーカル娘と、フライングVを抱えたギター娘がイイ感じ。この盤には何故かヴォーカル娘の生写真が付いているんですけど、ケバくて面白くて、やっぱりまずはルックスのインパクトで勝負しようとしてるのかな~なんて思ったりして。

まつ毛モリモリ娘の生写真が入ってました。
paldious002.jpg

 何にしてもヘヴィメタって、黒い服着てトゲトゲの腕輪とか首輪を付けた暑苦しいおっさん達の芸能ってイメージがあるんですけど、その世界にドレスで着飾ったお嬢達が殴りこみ(?)をかけているのが面白いですし、本格派のヘヴィメタ・ファン達からはイロモノ扱いされたり「聞く価値の無い下手クソバンド」みたいな悪口を叩かれながらも、ジワジワとファン層を拡大している(らしい)のが逞しいですよね~。このシングルだけではまだまだアルディアスの実力の程はよくわかりませんが、機会があれば是非アルバムを聞いてみたいと思った、今日この頃のわっちなのでやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それでは1曲、やっぱりお笑いバンドにしか見えませんが。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL