2015’07.02・Thu

吉沢秋絵 「彼女の夏」

pyoshizawaakie001.jpg

 いや~、一体何年探したでしょうか?何をって、おニャン子クラブのメンバーだった吉沢秋絵のブツをですよ。おニャン子クラブには新田恵利だの国生さゆりだの、凄まじく下手クソな連中が色々いましたけど、下手という点では右に出る者がいないというのが、この吉沢秋絵であります。その昔、わっちは吉沢さんの歌をラジオか何かで聞いて、そのあまりに壮絶なヘッポコボロボロ歌唱に激しく衝撃を受けたのでありました。それ以来いつかは吉沢さんのブツを必ずやゲットするぞと心に誓ったワケでございますが、先日の関西の旅でようやく吉沢さんの盤に出会えたのでありました。嬉しい~♪

 まずは見て下さいよこのジャケを。カワイイところなど一つも無い、気の毒な位のイモ娘ではないですか!おニャン子クラブの中でも大して人気は無かったらしいのですが、それも当然っちゃあ当然でありましょう。ルックスもヘッポコですが、もっとヘッポコなのはその歌唱であります。音程は取れないリズム感は全く無い声も全く出ていない、聞く者を凍りつかせるような戦慄の歌唱でありまして、まさに「耳が腐る」とはこういう歌を言うのでありましょう。斉藤由貴が吉沢さんの盤を聞いて「これってレコードですよね?」と言ったというエピソードがありますが、レコードであることが信じられないような凄まじい歌であります。個人的には、日本のアイドル歌謡史上サイテーの歌手が吉沢さんだと思っております。

 だから吉沢さんの盤なんぞ聞く価値が無い…というのはその通りなんですけど、これ程までに気の毒な歌手って、何だか放っておけないじゃないですか。ヘンなモノ好きのわっちとしてましては、ここまでヘッポコな歌手は他に知りませんので、ぶっちゃけ「ヘッポコ神」として崇め奉っておる次第で御座います。まあ、どうでもい話ではありますが。そんなワケで(?)、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「大仏をバックに歌うワケわからない映像です。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL