2015’07.10・Fri

AeLL 「WITH AeLL.」

paell002.jpg

 日本のアイドルグループ、エールの2012年のデビュー盤です。昨年発売の2枚目はこのボログでも取り上げましたけど、アイドル盤としてはなかなかの優れモノでありまして、わっちは結構頻繁に聞いております。そんなグループのデビュー盤をブックオフの500円棚で見つけましたので、思わずゲットしてしまった次第でございます。あ、別にどうでもいい話ではありますが、この連中って昨年無期活動停止を発表しておりまして、既にグループ活動をしてないんですよね~。うーむ、残念。メンバーの篠崎愛がソロ・デビューしましたから、そっちの活動をメインにして行こうという方針なんでしょうね、多分。

 で、このデビュー盤でございますが、アイドル盤としてはやっぱり良く出来ているんですよね~。曲もポップなモノが揃っていますし、歌もそこそこちゃんと歌えるメンバーが二人いますので、普通にガールズ・ポップスとして十分楽しめるのであります。そして何よりも、全員が楽しそうに活き活きと歌っているのが良いのですよ!アイドルポップスに必要なのは歌唱力とかではなくて、まずは本人達が楽しそうに歌っていて、しかも聞いていると元気になれるというのが大事なワケでありますが、このエールにはその大事な要素がシッカリとありますし、しかもそこそこ歌えますから、実に良い仕上がりになっているのであります。

 全体的な仕上がりとしては2枚目の方が上なんですけど、こっちには「HEAVENLY SKY」とか「ありがとうサヨナラ。」みたいな強力なポップ・ソングが入っていますので、印象は結構強烈なんですよね~。特にカントリー調の「ありがとうサヨナラ。」は、ブルーベルズという英国のネオアコ・バンド(古っ!)を思わせるような突き抜けた爽快感があって、実に良いんですよ!まあ音作りは全編にわたって如何にもアイドルポップスという感じの、安直な打ち込みに頼ったモノではありますが、そんなことを気にさせないポップさとメンバー達の「ヤル気」が伝わって来ますので、わっちは好きなんですよね~♪

 う~む、イイですね~、エールは。一人を除いてルックスも良いですし、アイドルグループとしては出色の連中だと思いますので、無期活動停止が実に惜しいんですけど、まあ仕方ないですね。メンバーだった篠崎愛は確かソロ・アルバムを出しましたので、続いて歌唱力一番の西恵利香にもソロ・アルバムを出して欲しいと思います(ミニ・アルバムは出てるみたいですが)。でもやっぱり正直なところ、エールとしての活動を続けて欲しかったな~なんて。まあ西恵利香が性格悪そうだし(見た目だけの判断ですが)、長続きするようなグループじゃなかったのかもしれませんけどね。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それでは1曲、カントリー調を一発。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL