2015’07.06・Mon

赤い公園 「猛烈リトミック」

pakaikoen001.jpg

 日本の女子4人組ロックバンド赤い公園の、昨年発売のアルバムです。名前からすると何だか左翼バンドみたいですけど、全然左翼とは関係無いそうです。このバンドのことは、テレビドラマ「ロストデイズ」の主題歌に「絶対的な関係」という曲が使われていたことで知ったのですが、かなりエキセントリックに聞こえる曲ですので、もしかして椎名林檎の亜流バンドなのかな~なんてイヤな予感がして、あまり聞く気にならなかったんですよね。その後この連中のことは忘れていたのですが、レンタル屋で偶然ブツを見かけましたので借りてみた次第であります。

 ドラマで聞いた「絶対的な関係」という曲は、聞き直してみれば大して椎名林檎っぽくなかったんですけど、エキセントリックではありますね。ただそれはこのバンドの単なる一面を表しているだけでありまして、アルバムを通して聞きますと、なかなか一筋縄では行かないバンドだと気付かされます。まあ全体的にエキセントリックな雰囲気が漂っているのは事実なんですけど、ヴォーカルが達者ですので色々な表情を見せてくれるんですよね~。柔和になったり、ポップに弾けてみせたり、噛み付くような攻撃性を見せたりと、なかなかの技量を聞かせる歌なんですよ。このヴォーカル娘、モノマネ番組に出たことがあるらしく、実に器用に他人の歌真似を聞かせたそうでありますが、このブツを聞けばそれも納得。表情をコロコロと変えながら、実に巧みな歌を聞かせてくれるのであります。

 そして、上手いのは歌だけではなくて、ギター、ベース、ドラムも相当な腕前でありまして、器用なヴォーカルに負けない変幻自在な演奏をするんですよ。時に激烈なハードロックになったり、時に穏やかなポップスになったりと、それを1曲の中で変化させたりもしますので、コロコロと表情を変えるヴォーカルと拮抗して高いレベルでバランスがしっかりと取れていると思います。う~む、なかなか面白いバンドではないですか。

 音楽的にはダークな色彩の強いアヴァン・ロックって感じですが、そこにポップスやらプログレやらジャズやら歌謡曲やら童謡やらの色々な要素が溶け込んでいますので、なかなかの奥の深さを見せてくれますね。何と言いますか、次に何が出て来るかわからないドキドキ感を持ったバンドでありまして、かなり刺激とクセがありますので好き嫌いは分かれると思いますけど、ハマればズブズブって感じのバンドだと思います。まあわっちはスキャンダル命ですのでこの連中にズッポリとハマってしまうことはないんですけど、非常に面白い個性を持った独特のバンドであることに間違いは無く、注目しておいて損は無いと思いますね~。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それでは1曲、不穏にポップな曲です。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL