2015’07.15・Wed

でんぱ組INC. 「WWDD」

pdenpagumiinc001.jpg

 アイドル・グループでんぱ組INC.の今年発売のアルバムです。この連中についてはグループ名だけは知っていたものの、曲を聞いたことも無ければメンバーの顔も名前も知らないのですが、レンタル屋でブツを見かけましたので「枚数合わせ」の為に借りてみた次第です。アルバム5枚1000円でレンタル出来るのに4枚しか見つかっておらず、他に借りたいブツが無かったので、ジャケがサイケなこのブツを抜き出してみたのでありました。

 というワケで、単なる数合わせだったのでありますが、聞いてみるとコレが凄いじゃないですか!アイドル歌謡としてよく出来ているとかいう話ではなくて、一大エンタメ絵巻として(?)E-GIRLSの「E.G.TIME」を超えるような仕上がりになっているのであります。まずはメンバー達のなり切りぶりと言いますか、でんぱ組INC.のメンバーというキャラクターを徹底して演じているという感じなのが面白いんですよね~。わざとらしさもあざとさもありまくりの歌や喋りが入り乱れているんですけど、まるで演劇の舞台を見ているような感覚なんですよ。コレはベトナムのカイルオンやP-FUNKのライヴなんかにも通じるところがあると感じられるんですよね~♪

 とにかくメンバー達がキャラクターを演じている感が非常に強いのですが、その演劇的な部分に拍車をかけているのが、怒涛の勢いを持った楽曲群であります。もう色々な音楽の要素がゴチャ混ぜになっておりまして、ロック、ポップス、歌謡曲、民謡、童謡、民俗音楽等々がしっちゃかめっちゃかにミクスチャーされております。しかもそれが1曲の中で目まぐるしく変化して行きますので、聞いている方はその物凄い勢いのあるスピード感に圧倒されてしまうのであります。そんな中に、切ないポップスがちょろっと入って来たりするのが、これまたイイんですよね~。トータルとして、でんぱ組INC.劇団による舞台公演「WWDD」が、見事に完成されているという感じですね~。イヤイヤ、マジで素晴らしい!

 まあメンバー達の歌が上手いとかいうワケではないんですけど、ヤル気に溢れた周りのスタッフ達の熱気とエンタメに徹したメンバー達のパワーがケタ外れに強力ですので、ただただ聞くしかないという作品に仕上がっていると思います。音楽的にもゴチャマゼ無法地帯とでも言いたくなるような独自の面白さに溢れていますし、キャラクターになり切ったメンバー達の歌もとても楽しめますし、結果としてはE-GIRLSをも超えた一大エンタメ絵巻盤になっていると思います。まあこのわざとらしさやあざとさに拒否反応が出る人もいらっしゃるでしょうけど、こんなに猛烈な勢いとパワーを持った盤はなかなか無いと思いますので、機会があれば耳を傾けてみる価値はあるんじゃないかな~と思います~♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、ただただ圧倒されますね。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL