2015’09.02・Wed

赤点先生の音楽添削~STAN CAMPBELL

pstancampbell001.jpg

 みなさんこんばんはなのです~。ヒワイイ大使のはりーなのです~。今回取り上げるのは~、イギリスの歌手スタン・キャンベルの~、1987年の唯一のソロ・アルバムなのです~。スタン・キャンベルって~、ブルー・ブラックの先駆け的な歌手だと思うんですけど~、このアルバム以降全く音沙汰が無いよね~。一体どうしてなのかな~。情報があれば~、教えて欲しいのです~。こんなに素晴らしい歌手なのに~、アルバム1枚だけで消えちゃうなんて~、本当に勿体無いよね~。

 はりーが初めてキャンベルさんの歌を聞いたのは~、高校生の時だったかな~。学校のテストで赤点ばっかり取ってて~、みんなから赤点先生って言われてた頃なんだけど~、ラジオでスペシャルAKAの「ネルソン・マンデーラ」って曲を聞いて~、とってもカッコいいと思ったのです~。この曲のヴォーカルは誰かな~って調べてみたら~、スタン・キャンベルって人だとわかって~、1987年にソロ・アルバムを出してるって知ったのです~。で~、そのアルバムを聞きたくて聞きたくて仕方なかったんですけど~、とっくの昔に廃盤になってて~、聞けなかったのです~。

 それでヒワイイ大使に入ってから~、ある日ころん棚を見てると~、キャンベルさんのアルバムがある~っ!ころんさんはこのアルバムが出てからすぐにLPでゲットしたらしいんだけど~、CDの方がお手軽に再生出来るからって~、CDも買ったらしいのです~。グッジョブなのです~。ころんさんもキャンベルさんの歌が大好きで~、「個人的洋楽ロック・ポップス・ベスト10を選んだら、間違い無く候補になりますね」って言ってました~。はりーも本当に大好きな~、素晴らしい名盤だと思うのです~。

「名盤なのです~。」byはりー
phiwaiihari018_20150902221051804.jpg

 キャンベルさんって~、ちょっとハスキーな声がイイし~、歌はとっても上手いし~、いい曲が揃ってるし~、曲順もイイし~、80年代のアルバムなのに全然オーバープロデュースじゃないし~、全てがしっとり控え目な感じなのに~、ソウルがビシバシに伝わって来るのです~。ロックでもあり~、ポップスでもあり~、ブラックミュージックでもあり~、ジャンルの垣根を軽々と飛び越えちゃってる凄い盤なのです~。音的にはロック寄りだけど~、はりーにとってはステキなソウル・ミュージック盤なのです~。やっぱり名盤はいつ聞いても素晴らしいよね~ってワケで~、赤点先生の採点は~、勿論百点満点なのです~♪

 以上、ヒワイイ大使のはりーでした~。下に試聴を貼り付けるから~、よかったら聞いてみてね~。また会いましょ~♪


「それじゃあ1曲~、凄くカッコいいよ~。」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL