2015’11.07・Sat

姫の秘め事~SHARON SHANNON 「RENEGADE」

psharonshannon002.jpg

 皆さんこんばんはなんだにゃん。久し振り~の裸のロリーズのアッキー姫なんだにゃん。バカころんが全然姫を出そうとしないし、それよりも何よりも姫が担当するトラッド系を全然取り上げようとしないから出番が全然無かったんだにゃん。でもついこの間ブックオフでこのブツを買って来たから、や~っと姫の登場になったんだにゃん。バカころん、もっとトラッド系のブツを買って来いなんだにゃん!みんなのアイドル、アッキー姫を出せばブログランキングも上がるし読者もも~っと増えるんだにゃん!

「バカころんが姫を全然出そうとしないんだにゃん。」byアッキー
pakkey016.jpg

 ところでシャロン・シャノンって言えば、伝統音楽をしっかりと身に付けながらも融通無碍に色々な音楽を取り入れたりして、伝統主義者ながらも革新者みたいな感覚がある不思議な人なんだにゃん。その辺はアメリカのフィドラー、アイリーン・アイヴァースに似た感覚があると思うんだけど、アイヴァースみたいに強引にねじ伏せる豪腕の持ち主って感じじゃなくて、何だか自然体で色々な音楽をスンナリと取り入れてしまう人なんだにゃん。このアルバムもレゲエとかヒップホップを取り入れたトラックがあるかと思えば、とても伝統的なしっとりしたトラックもあったり、ラッパとかサックスを取り入れた曲もあるし、相変わらず好き放題ヤッテるんだにゃん。でもそのどれもがとっても自然体だから、何の違和感も無く聞けるんだにゃん。それがシャロン・シャノンって人の凄いところだと思うんだにゃん。

 シャロン・シャノンのイイところは自然体で好き放題ヤッテるってとこなんだけど、だからこそ心から楽しみながら演奏しているのがシッカリ伝わって来るのも、素晴らしくイイところなんだにゃん。多分だけど、シャロン・シャノンの音楽を聞いてイヤな気分になる人なんて、この世に誰一人としていないと思うんだにゃん。みんながホッとした気分になれる、最高のリラックス・ミュージックなんじゃないかと思うんだにゃん。バカころんはシャロン・シャノンのライヴを見たことがあるって自慢げに言ってたけど、心から楽しめる素晴らしいひと時を過ごす事が出来たらしいんだにゃん。チクショー、バカころんの分際でシャロン・シャノンのライヴを見たなんて生意気なんだにゃん。羨ましいんだにゃん。姫も見たいんだにゃん!最高のリラックス・タイムを過ごしてみたいんだにゃん!

 そう言えばこのアルバムにゃんだけど、ジャケを見てもわかる通りシャロン・シャノンの単独名義じゃなくて、フルートのマイク・マクゴールドリック、フィドルのデジ・ドネリー、ギターのジム・マレイの4人名義になってるんだにゃん。だからアコーディオンだけにこだわらないアレンジがしてあるんだけど、それがまた音楽の幅を広げてるって感じで、とてもイイ結果に繋がってると思うんだにゃん。シャロン・シャノン単独名義のアルバムもイイけど、こっちの方がよりバランスがイイ素晴らしい傑作に仕上がっていると姫は思うんだにゃん!

 以上、みんなのカワイイアイドル、アッキー姫の「姫の秘め事」、楽しかったかにゃん?試聴を貼り付けようと思ったけど、YOUTUBEが画面だけじゃなくて音も出て来なくなったにゃん?仕方ないから貼り付けは無しなんだにゃん。それじゃあまた、次回も可愛さ発揮するにゃん♪
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL