2015’11.17・Tue

NIKKI AND THE CORVETTES

pnikkiandthecorvettes001.jpg

 先日ブックオフの500円棚をツラツラ見ていた時に発見しましたメリケンのガールズ・ロックバンド、ニッキー&ザ・コルヴェッツの2000年のアルバムでございます。以前雑誌か何かで見掛けた様な記憶があるブツですが、物凄くヘッポコそうですので思わずゲットしてしまった次第であります。カワイイとかではなくて、非常にバカっぽいルックスのジャケがめっさ気になってしまいましたので、ヘッポコ好きの触手が動いてしまったのでありました。

 まあこの連中が何者なのかは全然知りませんので、とりあえずブックレットを見てみると…英語ばっかりなので読む気がしません。裏表紙に1980/2000という表記がありますから、多分1980年に出されたブツを2000年にリイシューしたんだと思いますが、この連中って一体いつ頃活動していたんでしょうね~。仕方ないのでネットで調べてみると、どうやらこの盤は1980年に出たブツに77年と81年のシングルを追加してリイシューされたモノのようですね。とりあえずは70年代後半から80年代初頭にかけて活動していたバンドってことなんでしょう。で、このブツはマニアの間では名盤扱いされているようなのですが、キャンディ・ボイスの超キュートなパンクとかパワーポップとか、とにかく評判が良いみたいですね~。

 というワケで実際に聞いてみますと、曲によってはハードコア・パンクっぽい所もありつつ基本はシンプルなロックンロールって感じですかね~。曲はどれも2分前後の短いものが殆どですが、実にポップでカワイイメロディが満載ですね。そんなカワイイ曲を、ジャケ真ん中のニッキーさんがこれまた実にカワイイ萌え系の声で歌うワケでありまして、確かにコレは超キュートな音楽だと思いますし評判になるのもよくわかります。3人の女子によるパンキッシュで性急な演奏もノリノリですし、ガールズ・ロックンロールがお好きな方には堪らない1枚に仕上がっていると言えるかと思います。

 とりあえずはな~んも難しい事なんか考えずに、ただノーテンキに盛り上がれる音楽ってことで、わっちの好きなタイプの音楽ですね~。前から何度も言ってますけど、ロックンロールなんて騒いで踊ってスカッとすればそれでOKでありまして、メッセージ性なんてクソ喰らえですよ。そう考えるとこの連中の音楽はポップでキュートでノリノリですし、単純にパッパラパ~っと楽しめますから、ロックンロールの面白い部分がた~くさん詰まっていると思いますね~。ルックスは全然カワイイとは思いませんけど(マニアの間ではカワイイと評判ですが)、音楽自体はめっさカワイイですし、ガールズロック好きにはお薦めでございますよ!

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「YOUTUBEは相変わらず使えませんが、とりあえず音だけは出て来ましたので、ノリノリのを一発」→コチラ
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL