2015’12.01・Tue

もっと音楽聞きたいな!~A-LIN 「罪悪感」

palin004.jpg

 皆さんご無沙汰してます!裸のロリーズのアイリだよ~…って、もう忘れられてると思うけど、これから挽回して行かなきゃね~ってことで、台湾で大人気のアリンの2014年盤を取り上げるね!ころんさんの台湾人のマブダチが送って来てくれたブツなんだけど、アリンのブツを送ってくれるなんて凄くイイ人だよね~。アイリからもありがとうって言わせてもらいます。美人でスタイルも抜群に良くて歌も上手いアリンさん、アイリも憧れちゃうわ~。ルックス的にちょっとサトエリっぽいけど(キュティー・ハニーの実写版をヤッタ人ね)、アリンさんの方が美人かな~。

「サトエリに似てるよね?」
palin003.jpg

 アリンさんの盤はこの前ころんさんが2枚組ベスト盤を取り上げたけど、アイリもあのベストは大好きで、バラードを中心にアリンさんの歌をジックリ味わえる作りになっていたのがとってもイイ感じで、アリンさんのイイ所を伝えようとするスタッフの愛情を感じたかな~。だからこのブツもスタッフの愛情が感じられるステキ盤だったらイイな~って思いながら聞き始めたんだけど、おやおや、今回はあのベストで聞けた音楽とは方向性を変えて来たみたいね~。あ、そう言えばあのベストはエイベックスからの発売だったけど、今回はソニーから出てるから、レーベル移籍で心機一転みたいなアルバムになってるのかな?事情はよくわかんないけど。

「心機一転?」byアイリ
pairi016_20151130222524460.jpg

 まあレーベルを移籍しようとアリンさんはアリンさんなので、歌が良ければ全然構わないんだけど、アリンさんの歌自体は相変わらず控え目な表現の中にシッカリと情熱を込めるって感じで、ころんさんが言う「アジアン・ソウル歌手」としての力を発揮してると思いますね~。音楽的にはしっとり台湾ポップスだけじゃなくて、大作映画の主題歌にでもなりそうな大袈裟な(?)作りの曲が入ってたり、ボ・ディドリー・ビート(って、クラーベのリズムだよね?)を使った超カッコいいファンク的ロックがあったり、結構幅広くヤッテるな~って感じかな。バランスとしては大袈裟なタイプの曲が多めだから、あのベスト盤でアリンさんの魅力に気付いたアイリとしては、ちょっと違和感があるんだけど。

 でもレーベルをエイベックスからソニーに移籍したんだから、心機一転でこれまでと違ったタイプの曲を歌ってみるのはアリだと思うし、アリンさんの力だったら色々な曲を歌いこなせるから、コレはコレでイイかと思うけど、どっちかと言えばやっぱりしっとり台湾ポップスの方が合ってるかな~。以前アランって歌手がいて(今もいるのかな?)、カワイイポップスを歌えば素晴らしかったのに、「レッド・クリフ」の大袈裟な主題歌が当たったからって大袈裟路線の曲ばっかり歌わされて、結局はモノにならなかったなんて例もあるから、今後の方向性は慎重に考えて欲しいな~って気はするけどね。あと、音作りもシッカリ考えて欲しいかな。今回の音作りはアリンさんにはちょっとシャープ過ぎるって気がするし、もうちょっと柔らかい音にして欲しいな~って。でも、アリンさんの別の面を聞けたから、コレはコレでステキな盤だと思うアイリなのです。

 以上、「もっと音楽聞きたいな!」でした。相変わらずYOUTUBEが使えないので、今回は試聴の貼り付けは無しね!お送りしたのは、ワールド系音楽愛好男子のアイドルになりたい裸のロリーズのアイリでした!みなさん、アイリにもっと音楽教えてね♪
スポンサーサイト

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL