FC2ブログ
2008’09.08・Mon

JOY SIRILUK 「QUEEN ISAN」

gjoy001.jpg

 14日からタイ旅行に行く予定です。しかしタイ情勢はまだまだ予断を許さない状態であり、どうなるかわかりません。とりあえずは首相府の占拠を続ける反政府派の行動の是非と、政府の政権継続の是非を問う国民投票を行うことに決まったようですが、その為には法整備等の色々の問題があるようです。国民投票そのものに対する疑問もあるようですしね。一体どうなってしまうのでしょうか?


 今の私にできることは、現地の情報を色々と集めることだけなのですが、その中にちょっと気になる情報がありました。首相府の占拠を続ける反政府派には有名人も色々と含まれていますが、その中に女優兼歌手であるジョーイ・シリラックが含まれているというニュースであります。美人でそこそこ歌える女優として結構な人気を誇る人ですが、反政府活動をするような人だったんですね…。


 ジョーイ・シリラックの代表作と言えば、モーラム一座を題材にした05年のドラマ「クイーン・イサーン」のサントラ盤でしょう。このドラマで主演と歌を見事にこなしたわけですが、もちろん私はドラマ自体は見ていませんけれども、音楽は非常に良い出来で、かなり好きなブツなのであります。


 ここで聞けるジョーイの歌は、とても清楚でありつつ物悲しい郷愁に溢れています。元々モーラム歌手でも何でもないはずですが、可愛らしい声で非常に魅力的なモーラムを歌うんですよね~。流石に女優さん、役になり切っているのでしょうね。本格派のモーラム・ファンからすれば物足りない部分はあるかもしれませんが、モーラムにしてはかなり親しみ易いブツだと思いますので、もしモーラムに興味がおありの初心者の方がいらっしゃれば、このアルバムあたりから入門することをお薦め致します。


 このブツを出した後は、あまり彼女の名前を聞くことは無かったのですが、それにしても反政府活動に加わっているとは思いもしませんでした。歌手なら直接的な行動に加わるのではなくて音楽で勝負して欲しかったな~、なんて勝手なことを思ってしまいます。とりあえずはジョーイさん、わっちがタイへ行っている間は、反政府派の皆さんが過激な行動を起こさないように言っておいて下さいね、などと思う今日この頃でやんす。


インナー写真。やっぱり綺麗。
gjoy002.jpg


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(5) TOP

Next |  Back
このブツの曲は見つからなかったのですが、前のアルバムから2曲ほど。まずはちょっと切ないルークトゥンを。
http://jp.youtube.com/watch?v=bi71ZBtpxOQ


もう1曲。哀愁のルークトゥンです。
http://jp.youtube.com/watch?v=SQAnikFTNho

ころん:2008/09/08(月) 21:25 | URL | [編集]

ジョーイ・シリラックは2000年にサーオ・ノーイ・カフェで同じような役をこなし、その時の観客の熱狂振りと言うか暖かさを実感し、しばらくルークトゥン歌手も兼ねていました。これ以前はポップス歌手も兼ねていましたので、歌手としての才能もあるのでしょう。
 ジョーイは1978年12月3日生まれですので、もう時期30歳ですね。
 TV3で主演を張っておりましたが、昨年末辺りに若干揉め、TV7へ移籍したと思います。その影響で主演ドラマを最近見ていない気もします。
 ラーチニー・モーラム(クウィーン・イサーン)はリメイク版で、このドラマの母親役をやっていたジンタラー・スカパット、以前は主役を演じておりました。
 

シライ:2008/09/09(火) 12:56 | URL | [編集]

>シライさん
ご無沙汰しております。お元気でしょうか?
それにしても流石にシライさん、お詳しいですねえ。貴重な情報ありがとうございます。ジョーイさん、そろそろ30歳ですか。これからの更なる活躍を期待したいところですが、反政府運動に加わったりして、イメージが落ちたりしないのでしょうか?
ところでタイは現在どんな状況でしょうか?緊迫した雰囲気とか、それともいつも通りのお気楽な感じとか?

ころん:2008/09/09(火) 18:32 | URL | [編集]

タイの状況は以前より若干緊張感が無くなってきております。非常事態宣言が出されても、王宮から国会付近へ近づかなければ、普通の生活とあまり変わらない感じです。デモをしている周囲は交通渋滞がひどく、タクシーも乗車拒否すると聞きましたが、経験有りません。ただし、タイの場合は、突然、状況が変わりますので、安心してくださいとは言い切れませんが、問題の起こっている付近に近づかなければ、あまり、影響はないと思います。
 1992年の混乱時も、スクンヴィット付近はあまり普段と変わらなかったと聴いております。知り合いは当時おにぎり?を持って、王宮前に掛け付けたと言っております。その時、木下に吊るされた学生を沢山見たそうですが。

シライ:2008/09/10(水) 10:18 | URL | [編集]

>シライさん
タイ情勢、お教え下さいましてありがとうございます!
どうやらあまり神経質になる必要は無いような感じですね~。暴動になるような事件さえ起きなければ、基本的には大丈夫なんでしょうね。あとはネットなんかで情報を収集し続けるしかないのでしょう。何事も無いことを祈りつつ…。

ころん:2008/09/10(水) 16:51 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL